オルセン サイモン ホイベルク

91件中 1~10件目を表示中 (日付順)
ディスカッションペーパー

Intensifying ecological crises, such as climate change, the melting Arctic, and uncontrolled destruction of habitat and biodiversity, are increasingly exposing the shortcomings of resource-intensive development models. One of the concepts helping policymakers steer a course change is sustainable consumption production and consumption (SCP). A...

キーワード:
政策プロセスへの提言

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、内閣官房と外務省が意見募集した「持続可能な開発目標(SDGs)に関する自発的国家レビュー(VNR)」に対して、パブリックコメントを提出しました。

SDGsの達成に向けた取り組みを着実なものとするためには、SDGsの実施をモニタリングし、レビュー(評価)し、その結果に基づいて取り組みの改善を図るプロセスが非常に重要であるため、SDGsを承認した国連加盟国は、自発的国家レビュー(Voluntary National ReviewVNR)という形で進捗を報告することが求められています。

VNRは毎年7月に開催されている「国連持続可能な開発のためのハイレベル政治フォーラム(HLPF)」で発表が行われており、日本政府は20177月に最初の...

ポリシーレポート
著者:
Joseph Edward Alegado
Jose Miguel Aliño
Stephen Cheuk Fai Chow
Ma. Brida Lea Diola
Lea Gurrero
Von Hernandez
Yuichi Ishimura
Effie Kim
Doun Moon
Mitsu Okuno
Gemma Pelogio
Peixun Pey
Tiara Samson
Satyarupa Shekhar Swain
Maria Antonia Tanchuling,
Vu Duc Canh

Plastic is ubiquitous: we use it for life-saving medical devices, clothing, toys and cosmetics; we use it in agriculture and industry. But we also know the growing risk of plastic waste in the environment, landfills and the oceans. 

For example, the amount of plastic that some fulmars accumulate in their stomachs during their lives is...

ワーキングペーパー
ADBI Working Paper Series

Adopted in 2015, the 2030 Agenda for Sustainable Development and its 17 Sustainable Development Goals (SDGs) were intended to motivate governments and the international community to address the world’s most pressing social and environmental challenges. However, most countries are not on pace to achieve the SDGs. The economic and human toll of the...

委託報告書

本調査では、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランド及びフランスの 5 カ国を対象に、各国の持続可能な開発目標(SDGs)の①実施体制、②進捗状況の評価方法、③その 他独自の取組を調べた。これらの国は持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団が発表している SDG 指数等、SDGs の進捗状況に関する世界ランキ ングで常に上位につけている。これらの国の実施体制や進捗状況の評価方法等を理解する ことは、日本を含む他の国々における SDGs の実施を強化するのに有益と考えられる。 調査は、机上調査と聞き取り調査を組み合わせる手法をとった。机上調査では、各国の自発 的国家レビュー(VNR)、SDGs 行動計画、その他の関連文書を精査した。さらに、5...

委託報告書

令和3 年度は、イギリスがG7 議長国となり、気候変動・エネルギー大臣会合、及びサミットが開催され、また気候変動・エネルギー大臣会合に先立ち準備会合が開催される予定である。
本業務では、「G7 気候変動・エネルギー大臣会合準備会合」に関して、会合の成果が環境政策の推進に資するよう、準備会合の速報版、議事概要、報告書の作成等を行い、また同準備会合等に関するサブスタンス支援を行った。

ブリーフィングノート

第5回国連環境総会の第1回会合(UNEA5.1)が2021年2月22日~23日に開催された。

UNEAは、国連環境計画(UNEP)の意思決定機関として国際的な環境ガバナンスにおいて重要な役割を担っている。隔年で開催され、193の国連加盟国および関連ステークホルダーが参加し、UNEPの優先課題を概観するとともにグローバルな環境アジェンダの設定を目的としている。

通常はナイロビのUNEP本部で開催されるが、今回のUNEAはCOVID-19パンデミックの影響によりすべてオンラインで行われ、UNEA開催の前週からUNEA開催中まで、ユース環境総会(2月12日~20日)、国連サイエンス‐ビジネス環境政策フォーラム(2月18日~20日)も含めて12...

ブリーフィングノート

The 2021 United Nations Environment Assembly (UNEA 5.1) took place on February 22-23 2021.

As the United Nations Environment Programme's (UNEP) universal-membership governing body, UNEA plays an important role in international environmental governance. Held biennially, UNEA brings together the UN’s 193 member states and other stakeholders to...

ポリシーブリーフ
著者:
Patdu
Maria Katherina
Nagatani-Yoshida
Kakuko
Bathan-Baterina
Glynda
Espita-Casanova
Dang Marviluz
Pederson
Bjarne
Amann
Markus
Klimont
Zbigniew
Borgford-Parnell
Nathan
Yamashita
Ken
Mars
Kathleen
Unger
Charlotte
Takemura
Toshihiko
Mao
Xianqiang
Xing
Youkai
Chae
Yeora
Narayanan
Badri G.

Key Messages

  • A reason COVID-19 has had such far-reaching impacts is it stems from multiple interconnected risks. The difficulties that policymakers face in managing related risks not only deepen vulnerabilities to COVID-19 but other planetary crises.
  • Explicitly recognizing and acting to achieve the co-benefits of integrated air pollution...

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。