オルセン サイモン ホイベルク

110件中 1~10件目を表示中 (日付順)
プレゼンテーション
World Symposium of Climate Change and Sustainable Development Centres
This presentation shares work in progress on "spillovers" to table the important discussion that most countries that perform well on the SDGs do so because they have been able to displace negative environmental impacts of their progress to other less developed countries. In that sense, the good performance is based on an incomplete evaluation that...
コメンタリー
Science
著者:
Almroth
Bethanie Carney
Diamond
Miriam
Farrelly
Trisia
Fernandez
Marina
Gundogdu
Sedat
Issifu
Ibrahim
Rognerud
Idun
Schäffer
Andreas
Scheringer
Martin
Villarrubia-Gómez
Patricia
Varea
Rufino
Vlahos
Penny
Wagner
Martin
Ågerstrand
Marlene
The United Nations identifies the drivers of the planetary crisis as climate change, biodiversity loss, and pollution. Mitigation requires reliable science to inform decision-making. However, relevant research is often underutilized in policy planning and implementation because policy-making entities limit the ability of scientists to contribute to...
その他アーティクル
Amila Abeynayaka (Policy Researcher on Sustainable Consumption and Production at the IGES) and Simon Høiberg Olsen (Senior Policy Researcher at the IGES) shed light on the limitations faced by countries in Asia and the Pacific in actively monitoring plastics and plastic-related chemicals – hampering the effectiveness of any future legally binding...
キーワード:
ポリシーブリーフ
著者:
The International Energy Agency estimates that to hit net-zero globally by 2050, six times more critical minerals will be required in 2040 than today. The rapid increase in demand for critical minerals is likely to increase price volatility. This could aggravate energy security concerns, and thereby delay the necessary clean energy transition...
キーワード:
ポリシーブリーフ
T7/G7 Task Force 2 Wellbeing, Environmental Sustainability, and Just Transition Policy Brief
著者:
Dirksen
Jakob
Ojha
Nabaghan
Javed
Sumbal
Moumné
Rolla
Rigoni
Gabriela
Yano
Satoko
Lima de Miranda
Katharina
Stracquadaini
José
Ikram
Aamer
Integrating the Sustainable Development Goals (SDGs) into climate actions is essential for a healthy planet and people. Yet, national climate policies and international climate support programs often fail to explicitly recognize the interconnections between climate concerns and other priorities covered under the SDGs. This failure can leave key...
ポリシーブリーフ
著者:
T7 Policy brief: Task Force on Wellbeing, Environmental Sustainability, and Just Transition As the world’s most developed economies, the Group of Seven (G7) countries play a crucial role in leading the transition to net-zero, which necessitates the use of critical minerals (CMs) in various clean energy applications. However, the growing demand for...
委託報告書
2015年9月に持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals: SDGs)を中核とする2030アジェンダが採択された。SDGsを含む2030アジェンダは、2030年に向けた国際社会の羅針盤として、先進国、途上国の別なく全ての国にSDGs達成に向けた行動を求める内容となっている。その後、国連は2020年からの10年間をSDGs達成のための「行動の10年」と設定し、各国や様々なステークホルダーに対してSDGsへの一層の取組強化を求めている。我が国においては、2016年5月に首相を本部長、全閣僚を構成員とするSDGs推進本部が設置されるとともに、SDGs実施指針が決定された。環境省においては、環境側面からの経済・社会課題の同時解決を目指し...
キーワード:
委託報告書
令和4年は、インドネシアがG20議長国となり、8月に環境・気候持続可能性大臣会合及び10月にサミットが開催された。本業務では、大臣会合、並びに先立って開催された、準備会合及び関連会合に関して支援等を行った。また、会合の成果が環境政策の推進に資するよう、議論に必要となる資料の収集・分析、成果文書案の分析、報告書の作成等を行った。
キーワード:
G20
委託報告書
令和4年は、ドイツがG7議長国となり、5月に気候・エネルギー・環境大臣会合、6月にサミットが開催された。本業務では、大臣会合、並びに先立って開催された、準備会合及び関連会合に関して支援等を行った。また、会合の成果が環境政策の推進に資するよう、議論に必要となる資料の収集・分析、成果文書案の分析、報告書の作成等を行った。
キーワード:
G7
リサーチレポート
This report presents findings from a project jointly implemented by the United Nations Environment Programme (UNEP) and the Institute for Global Environmental Strategies (IGES). The project reviewed 50 Voluntary National Reviews (VNRs) on the Sustainable Development Goals (SDGs) from 36 Asia and the Pacific countries from 2016 to 2021. In this...
キーワード:
4件中 1~4件目を表示中 (日付順)
プロジェクト
Updated: 2023年10月

G20 特集 2023

2023年のG7は日本が議長国を務め、5月19日~21日に広島でG7サミットが開催されました。G7サミットに合わせ、気候・エネルギー・環境大臣会合をはじめとする15の大臣会合が今年末まで日本各地で開催されています。また、9月9日~10日にはインド・ニューデリーでG20サミットが開催されました。ロシアによるウクライナ侵攻から1年半、気候変動や生物多様性の損失など地球規模の危機が同時に進む中、世界は危機に立ち向かうための戦略構築を強く求められており、G7とより多様かつ複雑な経済背景を持つG20との連
プロジェクト
Updated: 2022年9月

パリ協定とSDGsのシナジー強化に関する国際会議

不可分な地球規模課題への統合的な取り組み 国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)では、現在各国の自国が定める貢献(NDC)に記載されている目標値をすべて足し合わせても、2030年の温室効果ガス排出量は2010年比で13.7%増加することに対し、深刻な懸念が示されました* 。また、SDGsについても、年を追うごとに達成までの予測期間が長くなっていることが指摘されています。具体的には、2017年のSDGs達成予測が2052年であったのに対して、2021年には達成予測が2065年まで延び
プロジェクト
Updated: 2022年7月

持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF 2022)特集

「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)」は、国連が毎年開催する国際会議で、「持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030アジェンダ」のフォローアップとレビューを目的としています。今年は “Building back better from the coronavirus disease (COVID-19) while advancing the full implementation of the 2030 Agenda for Sustainable Developme
プロジェクト
Updated: 2022年12月

CBD COP15 特集

生物多様性条約(CBD)は、生物多様性に関する初めての、そして最も包括的な政府間協定です。その設置目的は次のとおりです。(1)生物多様性の保全(2)生物多様性を構成する要素の持続可能な利用(3)遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分CBDの締約国は合計196カ国です(2022年3月現在)。CBDの統治機関は、通常2年ごとに開催される締約国会議(COP)です。COPで、全会一致で採択された決定に基づきその実施が推進されます。