Prof.
武内 和彦

56件中 1~10件目を表示中 (日付順)
査読付論文
Sustainability Science所収

Global environmental change, the depletion of natural resources, and unacceptable levels of pollution, among other anthropogenic impacts on the planet and its ecosystems, demand a radical shift in the way humankind develops. Global agreements like the “2030 Agenda for Sustainable Development” or the “Paris Agreement on Climate Change” seek to...

ポリシーブリーフ
著者:
Ogawa
Mifuyu
Yoshida
Takehito
Mogaki
Masahiro
Oda
Yuki
Oyama
Kosuke
Kohsaka
Ryo
Uchiyama
Yuta
Kameyama
Yasuko
Fujita
Tomohiro
Kabaya
Kei
Nishi
Koji

A Post-2020 Global Biodiversity Framework is currently under consideration and will be adopted at the next meeting of the Conference of the Parties to the CBD (CBD COP 15). In Japan, discussions are underway to revise the National Biodiversity Strategy and Action Plan (NBSAP). Local governments are expected to develop new, or revise existing, Local...

査読付論文
Sustainability Science所収

Urbanization and concomitant challenges pose a great threat to sustainable development. Urban and rural development
interacts through the flows of people, materials, energy, goods, capital, and information. Without building sound urban–rural linkages, achieving development in one area could compromise it in another area. Achieving sustainable...

ポリシーブリーフ
著者:
Ogawa
Mifuyu
Yoshida
Takehito
Mogaki
Masahiro
Oda
Yuki
Oyama
Kosuke
Kohsaka
Ryo
Uchiyama
Yuta
Kameyama
Yasuko
Fujita
Tomohiro
Kabaya
Kei
Nishi
Koji

ポスト2020 年生物多様性世界枠組の検討が現在進められていて、次回のCBD 第15 回締約国会議(CBD-COP15)で採択される予定である。日本では、これを受けた生物多様性国家戦略の改定に向けて議論が進められている。今後、新たな生物多様性国家戦略の下、自治体による生物多様性地域戦略(以下、地域戦略と記載)の改定又は新規策定が進むことが期待されている。PANCES*の研究チームは2017 年に、当時既に地域戦略を策定していた70 基礎自治体を対象に地域戦略の策定と実施に関するアンケート調査を実施した。また、全都道府県を対象とする同様のアンケート調査や、PANCES のモデルサイト(北海道、石川県、新潟県、沖縄県)における事例研究も実施した。この他、地域戦略の策定...

その他アーティクル
KOSMOS所収

This article was originally published in KOSMOS 7 (2020), a publication of the Expo '90 Foundation.
This article discusses the need to redesign society to realise transformative change and to reconsider the relationship between humans and nature, which is considered to be a root cause of the pandemic of COVID-19. The Triple R Framework proposed by...

ブックチャプター
Implementing the Satoyama Initiative for the Benefit of Biodiversity and Human Well-being所収
著者:
Yiu
Evonne
Takiguchi
Hiroaki

The Satoyama Initiative is endorsed by the decision of the Tenth Conference of the Parties to the Convention on Biological Diversity (CBD COP 10) in 2010. It is a global effort with the vision to “realize societies in harmony with nature” through promotion and conservation of “socio-ecological production landscapes and seascapes” (SEPLS). The...

プロシーディングス
著者:
Kien
Dang
Camacho
Leni
Nishi
Maiko
Dunbar
William
Yanagiya
Makiko

On Thursday 12 November 2020, United Nations University Institute for the Advanced Study of Sustainability (UNU-IAS) and Institute for Global Environmental Strategies (IGES) convened a session entitled “The Satoyama Initiative, transformative change, and societies in harmony with nature” at the 12th International Forum for Sustainable Asia and the...

プレゼンテーション
Earth League Annual Workshop

This presentation, delivered by Eric Zusman on behalf of IGES President Kazuhiko Takeuchi at the Earth League Annual Workshop on 20 October 2020, is entitled "Greening the COVID-19 Response, Recovery, and Redesign" and outlines the IGES Triple R Framework, the case for integrated approaches to respond to COVID-19, and potential applications of the...

ブック
編者:
Gasparatos
Alexandros
Naidoo
Merle
Ahmed
Abubakari
Karanja
Alice
Fukushi
Kensuke

The aim of this two-volume book series is to highlight some of the most pervasive sustainability challenges that Sub-Saharan Africa faces. The two volumes contain 20 chapters that illustrate very diverse sustainability challenges throughout the continent, adopting interdisciplinary and problem-oriented research approaches, and methods from the...

ブック
著者:
Gasparatos
Alexandros
Ahmed
Abubakari
Naidoo
Merle
Karanja
Alice
Fukushi
Kensuke

The aim of this 2-volume book is to highlight how Sustainability Science approaches can help solve some of the pervasive challenges that Africa faces. The volumes collect a number of local case studies throughout Africa that adopt transdisciplinary and problem-oriented research approaches using methodologies from the natural and the social sciences...

4件中 1~4件目を表示中 (日付順)
プロジェクト
Updated: 2020年7月

持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF 2020)特集

「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)」は、国連が毎年開催する国際会議で、「持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030アジェンダ」のフォローアップとレビューを目的としています。 このHLPF 2020特集ページでは、IGESに関連するイベントやIGES研究者によるレポートおよび関連出版物の情報をご紹介します。

プロジェクト
Updated: 2020年7月

持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF 2019)特集

この特集ページでは「持続可能な開発目標(SDGs)を含む2030アジェンダ」のフォローアップとレビューを目的とした国連による国際会議「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF 2019)」に関するレポートや出版物を紹介しています。
プロジェクト
Updated: 2021年3月

持続可能な開発に関するアジア太平洋フォーラム(APFSD)特集

「持続可能な開発に関するアジア太平洋フォーラム(APFSD)」は、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)が毎年開催する国際会議で、「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)」に向けて、アジア太平洋地域のSDGsの取り組み状況を把握することを目的としています。この特集ページではIGES研究員によるレポートや、その他APFSD関連の情報を掲載しています。

プロジェクト
Updated: 2020年7月

持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)特集

この特集ページでは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」および「持続可能な開発目標(SDGs)」のフォローアップとレビューを目的とした国連による国際会議「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)」に関するレポートや出版物を紹介しています。