堀田 康彦

372件中 1~10件目を表示中 (日付順)
リサーチレポート
著者:
Muchtar
Muchamad
Ahmed
Abubakari
Trang
Do Thi Thu
Ohtani
Takashi
Giang
Hoang Minh
Setiawan
Budhi

How can Multi-Stakeholder Partnerships manage plastic pollution in developing countries? See what we learnt from Indonesia, Ghana, and Vietnam about National Plastic Action Partnerships (NPAP) in this report. We describe the challenges of plastic pollution and the need for Multi-Stakeholder Partnerships (MSP) and describe an emerging MSP process...

キーワード:
ポリシーレポート

This report aims to provide an overview of the information related to the plastics value chain in the ASEAN region. It focuses on the availability of local and national data used for material flow analyses (MFAs) – instead of actual data content – as this information aims to be a stocktaking exercise towards building capacity in the area of data...

査読付論文
環境科学会誌所収
著者:
TASAKI
Tomohiro
KAMEYAMA
Yasuko
MASUI
Toshihiko
TAKAHASHI
Kiyoshi
TSURUMI
Tetsuya
HARA
Keishiro
Koide
Ryu

サステイナビリティ・サイエンスは21世紀の人類の存続にとっての重要な科学であり,2000年頃以降,その発展が行われるよう様々な試みが行われてきた。一方,2015年以降の環境政策は目指すべき社会ビジョンの更新を伴いつつ大きな展開を見せている。本稿では,そのような時代のニーズに適合したサステイナビリティ・サイエンスの展開を見据え,これまでのサイエンスの動向とサステイナビリティの概念の具体化の進展を確認したうえで,人間–地球環境システムの複雑性のもとでの理解と社会としての認知,社会目標の再考と将来継承性,人間–地球環境システムの転換の3つの観点から,人新世の時代におけるサステイナビリティ・サイエンスの展開を論じた。最終的にまとめた11の論点として,例えば,複雑な人間...

委託報告書

2023 年のG7サミットは、日本が議長国を務め、2023 年5月に広島で開催することが決定している。また、サミットの開催に合わせ、様々なG7関係閣僚会合が開催される予定であり、北海道札幌市において、環境省が経済産業省とともに、気候・エネルギー・環境大臣会合(開催予定日:2023 年4月15 日(土)~16 日(日))を開催する。本大臣会合に先立ち、令和5年1月から準備会合が開催された。
本業務では、これらG7会合(サミット及び大臣会合並びにその準備・関連会合)に関して、議論に必要となる資料の収集・分析、成果文書案の分析、報告書の作成等を行い、また同会合や準備会合等に関する技術支援等を行い、会合の成果が環境政策の推進に資するよう、業務を行った。

プレゼンテーション
Special Session on "Outcome of 11 th Regional 3R and Circular Economy Forum in Asia and the Pacific, Siem Reap, Kingdom of Cambodia", 3RINCs 2023

The presentation was made at the Special Session on "Outcome of 11 th Regional 3R and Circular Economy Forum in Asia and the Pacific, Siem Reap, Kingdom of Cambodia", 3RINCs 2023. The presentation discusses that increasingly UNEA plays an inportant role in global environmental governance. Cosidering the role of Regional 3R and CE Forum in Asia and...

プレゼンテーション
Promotion of Community Resilience Against Plastic Pollution and Climate Change in the Mekong River Basin

This presentation was a quick overview of monitoring and scientific research on marine plastics and pollution. The whole information is based on “G20 Report on Actions Against Marine Plastic Litter” 2019, 2020, 2021, and 2022.
 

The major findings from the quick review are as follows: 1) It seems that the current policy attentions is still more...

査読付論文
Resources, Conservation and Recycling所収

There is limited knowledge on the potential impacts of electric vehicle (EV) deployment in developing countries to date. India is a rapidly industrializing country with a national policy to promote EVs, but does not have the waste management infrastructure to process battery waste. Through a model analysis for India, we projected that the sale of...

プレゼンテーション
オンラインセミナー「循環経済とネットゼロ:ビジネスとくらしの大変革」

個人の行動変容と意識の向上により脱炭素(ネットゼロ)社会の実現を図ることに限界があり、循環経済を構築し、より循環型なくらしを浸透させるには、人びとの働き方やライフスタイルのルールを変える社会変革が必要であると説明しました。また、COVID-19の影響がこの傾向を増幅させていると示唆しました。具体的には、脱炭素(ネットゼロ)や海洋プラごみ流失ゼロといった長期目標を実現した社会の姿を皆で描き、そして、その実現に向けて市民の行動変容や政策介入に係る社会実験を行い、効果を検証する証拠を積み重ねていくことが肝要であると指摘しました。

プレゼンテーション
2nd Technical Working Group Meeting on Formulation of National Plastic Action Plan in Myanmar

The 2nd Technical Working Group meeting to develop National Plastic Action Plan in Myanmar was organized on January 11, 2023 as an online event. During the TWG meeting, Hotta presented the current status of internatonal cooperation on plastic pollution in ASEAN countries as well as its implications to interanational negotiation to develop...

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。