北九州アーバンセンター

北九州アーバンセンター(KUC)は、日本の公害の象徴であった街から環境先進都市へと変貌を遂げ、世界の環境首都を目指す北九州市に事務所があります。持続可能な都市の実現に向けて、資源循環型社会、低炭素型社会、レジリエントな都市づくりなどの分野で、自治体の取組みを促す研究および活動を進めています。持続可能な都市づくりに積極的なアジア諸国の自治体に対して、政策や施策の展開を図るとともに、自治体や省庁、民間事業者や国際機関等と連携を強め、研究成果や取組みを幅広く発信しています。

関連活動

関連出版物

関連イベント

過去のイベント

第2回北九州SDGs研修

2021年3月23日(火)および24日(水)の2日間にわたり、IGES北九州アーバンセンターは、「第2回北九州SDGs研修」をオンラインで主催しました(協力:NPO里山を考える会)。本研修は、北九州市におけるSDGsの実装について、特に非日本語話者向けに、学習機会とネットワーキングの場を提供するものです。初日はSDGsのローカリゼーションの国際的な動きと北九州市の貢献、2日目は北九州市におけるSDGsのローカルアクションの紹介と、参加型ディスカッションを行いました。
過去のイベント

"Think SDGs 2021" International Conference in Toyota ~Smart and Sustainable Communities with COVID-19~

PDFダウンロード(108KB) 愛知県豊田市は市政70周年を記念した国際会議「"Think SDGs 2021" International Conference in Toyota ~ Smart and Sustainable Communities with COVID-19~」を2021年3月6日(土)13:30‐18:00にオンラインで開催します。新型コロナウイルスが生んだ新たな生活様式やつながりで"New Normal" の世の中を私たちは、どう暮らし、生きていくのか?...
過去のイベント

脱炭素都市の構築に向けた都市間連携セミナー(令和2年度採択案件紹介動画のオンデマンド配信)

2020年に国際社会はパリ協定の実施段階に突入しました。国連ではRace to Zeroキャンペーン、国内ではゼロカーボンシティの表明を通じて、都市から脱炭素化を実現するという機運が高まっています。この動きはコロナ禍にあっても揺るがない不可逆的なものです。環境省は「低炭素社会実現のための都市間連携事業」を2013年度から展開し、国内の都市に蓄積された脱炭素・低炭素技術や制度などの移転を通じて、途上国都市の一足飛び(リープフロッグ)型発展に貢献しています。

関連プロジェクト

プロジェクト
Updated: 2020年12月

脱炭素都市 – 都市における脱炭素社会構築への取り組み

気候変動による影響が年々増加、激甚化する昨今、多くの自治体が住民の暮らしと健康を守るための対応を迫られています。特集ページ「脱炭素都市 – 都市における脱炭素社会構築への取り組み」では、国内外で脱炭素都市を目指す都市間の連携や、気候変動対策をはじめとした都市の持続可能な開発目標(SDGs)の推進などに貢献してきたIGESの経験をもとに、都市の脱炭素化に関する情報を発信していきます。

関連ニュース

お知らせ
2020年11月27日

第14回北九州市女性活躍・ワークライフバランス表彰にてIGES研究員が奨励賞を受賞

令和2年度「第14回北九州市女性活躍・ワークライフバランス表彰」個人部門にて、IGES北九州アーバンセンター所属の大田純子研究員が奨励賞を受賞しました。本表彰は、仕事上のやりがいや充実感、責任を果たすとともに、個人の生活も大切にした調和の取れた生活を推進・実践している企業・団体および個人に贈られるものです。 大田研究員は、2015年に、配偶者の転職に伴い、インドネシアから北九州市へ移住しました。キャリアブレイクを経て、外務省や国際協力機構(JICA)で得た気候変動分野における経験を活かし...
プレスリリース
2018年10月30日

『持続可能な社会への挑戦-北九州市とアジア都市との連携』出版記念セミナー ~北九州からアジアへ~ 「チーム北九州でつくる持続可能な社会-これからの環境国際協力を考えるー」開催のお知らせ

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)北九州アーバンセンターは、北九州市ならびに北九州イノベーションギャラリーとの共催で、11月22日(木)、北九州イノベーションギャラリーにて、『持続可能な社会への挑戦-北九州市とアジア都市との連携』出版記念セミナー「チーム北九州でつくる持続可能な社会-これからの環境国際協力を考えるー」を開催いたします。 深刻な公害を克服した経験を持つ北九州市は、その過程で培われた環境管理のノウハウ、技術、産官学民のパートナーシップを生かして様々な取り組みを行っています...

関連スタッフ