関西研究センター

関西研究センターでは、「ビジネスと環境」をテーマに、環境・省エネ対策を促進する企業等と連携し、低炭素・環境技術の国際的な移転・促進や、兵庫県内での地域循環共生圏の構築支援に焦点を当てた研究を実施しています。また、兵庫県版再生可能エネルギー100推進事業、神戸大学との脱炭素社会共同講座、県内の高校生対象の脱炭素社会ワークショップなど、兵庫県内の温暖化対策・環境分野の取り組みに貢献しています。

「低炭素技術の移転促進と普及」研究

<インド>
  2010年以来、IGESとインドエネルギー資源研究所(TERI)は、日本からインドへの低炭素技術の移転促進のための活動を共同で実施、2016年にこの活動をより深化し、日印関係者間の連携を機能的に進めるため、日本・インド技術マッチメイキング・プラットフォーム(JITMAP)を立ち上げました。

ウェブ上にて技術、金融、制度・政策等に関する情報を加えて様々なステークホルダーを結びつける仕組み(マッチメイキング・プラットフォーム)である”Japan-India Technology Matchmaking Platform(JITMAP)“を構築し、より実用的な運用へ向けてウェブサイトにて情報発信しています。http://www.jitmap.org./index.php

これを背景に、関西を中心とした民間企業、関係機関等と連携し、兵庫県が包括的な連携協定を結ぶインド・グジャラート州等において、現地での技術移転活動を支援しています。現地での当該技術のインド側関係者の理解促進を図るワークショップの開催や技術研修、現地工場等での技術適用可能性調査、それ以外にもインド側招聘者の日本企業の視察、県内企業との連携可能性を探るアンケート調査、日本側関係者間の意見交換の場の設定、国際フォーラム等での研究成果の発表等を行っています。

<タイ>
 IGESバンコク地域センターと連携し、現地調査およびワークショップ等を実施し、日本の技術の移転促進・普及等に取り組んでいます。タイ国エネルギー省や工業省と共に省エネを主眼にした現在のエネルギー報告システムの改善・意識向上を目指したエネルギー診断士(管理者)向けの研修等を実施しています。

「地域循環共生圏」研究

国の第5次環境基本計画において目指すべき社会の姿として定められた「地域循環共生圏」を実現するため、兵庫県農政環境部環境管理局温暖化対策課が事務局を務める「北摂里山地域循環共生圏構築検討会議」と連携し、北摂地域(三田市と宝塚市、猪名川町、川西市の各北部エリア)においてその形成を支援しています。 
次図の想定実践活動例を中心に、2020年度は宝塚市西谷地区において木質バイオマスの有効利用をはかるための調査を実施し、将来的には各活動を兵庫県下の他地域に横展開をはかる予定です。
詳しい活動状況は北摂里山地域循環共生圏ホームページに掲載しています。

「気候変動適応・防災」研究

JICA事業として、2016年から2018年に実施した「ASEAN災害リスク低減(DRR)と気候変動適応(CCA)の統合に対する制度・政策枠組みに関する基礎情報収集・確認調査」での成果を踏まえ、日・ASEAN統合基金(JAIF)における事業”Disaster risk reduction by integrating climate change projection into flood and landslide risk assessment“においても参画中です。

「兵庫県における再生可能エネルギー促進施策」研究

兵庫県から「ひょうご版再エネ100事業」を受託し、事業所における再生可能エネルギー利用の拡大(太陽光発電自家消費及び再生可能エネルギー電力調達の拡大)と、地域における面的利用の拡大(地域新電力、マイクログリッド構築)に関する施策検討を目的とした研究を実施しています。

ネットワーク

地エネと環境の地域デザイン事業の第2回協議会に参画しました。

  ・「地エネと環境の地域デザイン事業」ウェブサイト

  ・「第2回協議会」の模様は、こちらをご覧ください。

  ・ 神戸新聞での紹介記事は、こちらをご覧ください。

 

2020年1月22日に開催された国際防災・人道支援フォーラム2020にパネリストとして参画しました。

朝日新聞(2020年1月30日)掲載記事は、こちらをご覧ください。[朝日新聞社 承諾番号:20-4235] ※朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

「国際防災・人道支援フォーラム2020」公式サイト

 

2018年度関西研究センターのインドにおける研究活動が、Mahratta Chamber of Commerce, Industries & Agriculture (MCCIA) Magazineに掲載されました。

ダウンロード

 

2018年度関西研究センターのインドにおける研究活動が、SAMEEEKSHA’s Newsletter に掲載されました。

ダウンロード

関連出版物

関連イベント

過去のイベント

令和3年度 IGES-JETA インドでの大気・水質環境に関する情報交換会

7⽉2⽇、地球環境戦略研究機関関⻄研究センター(IGES-KRC、以下IGES)および⽇本環境技術協会(JETA)は、環境省およ び在インド⽇本国⼤使館がインドの⼤気質改善に⽇本の技術を活⽤すべく推進する「ブルー・スカイ協⼒」の協⼒を得て、イン ドにおける⼤気や⽔質などの環境およびビジネス関連の課題に関する理解の共有と、さらなる交流促進を⽬的とした情報交換会 を開催しました。JETAの海外部会の計測機器メーカーおよび同機器のメンテナンス企業などを中⼼に約50名が参加しました。...
過去のイベント
気候変動ウェビナーシリーズ

再エネ100%シナリオは本当に「現実的ではない」のか?

第6次エネルギー基本計画の見直しに向け、2050年カーボンニュートラルを実現する電源構成に関する議論が進んでいます。先日開催された総合資源エネルギー調査会基本政策分科会では、再エネ100%の電源構成において、推計コストが割高であることから「現実的でない」と評価されました。資源エネルギー庁が説明する通り、これを「乗り越えるべき課題」として捉え、IGESでは、本分科会で提示されたいくつかのシナリオを元に、推計コストを押し上げている要因を分析し、どのようにすれば...
過去のイベント

インド国の火力発電所及びその他のエネルギー多消費企業における排煙監視に係る 日本の技術に関する理解促進ワークショップ [オンライン開催]

インド国では大気汚染が深刻な問題となっており、2018年の世界保健機関(WHO)のデータベースにおいても、世界で最も汚染されている15都市のうちの14都市がインド国内となっています。その改善のため、同国環境森林気候変動省(MoEFCC)下の中央汚染管理局(CPCB)では、2019年に国家大気浄化計画(NCAP)を策定し、その対策を進めています。しかしながら、火力発電施設やエネルギー多消費産業への脱硫装置や脱硝装置等の設置は計画より遅れており、迅速な対応が求められています。 それらを踏まえ、...

関連ニュース

プレスリリース
2021年10月1日

第13回 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2021】 「未来を導く決定的な10年: 気候、生物多様性と他の地球的課題の統合的な解決を目指して」開催

2021年11月24日(水) 本会合(ハイブリッド) 2021年11月25日(木)~12月3日(金) テーマ別会合(オンライン) 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、第13回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP(アイサップ)2021】の本会合を2021年11月24日(水)にパシフィコ横浜で対面とオンラインのハイブリッドで、テーマ別会合を11月25日(木)~12月3日(金)、オンラインにて開催します。ISAPは...
お知らせ
2020年10月30日

関西研究センターが、若者の気候変動に対するアクションをサポート

IGES関西研究センターでは、兵庫県と連携し、県内の高校生を対象に「ひょうご高校生 環境・未来リーダー育成プロジェクト」を実施しています。本プロジェクトは、気候変動に取り組む産官学の専門家の講義に加え、グループワークやロールプレイングゲームを用いたワークショップ形式での学びをデザインし、高校生が主体的に気候変動の解決に向けた行動(政策の提言、ソーシャルビジネスの提案など)を起こすことに伴走してサポートしています。第1回(10月3日)、第2回(11月14日)、第3回(12月12-13日...

関連スタッフ