関西研究センター

関西研究センターでは、「ビジネスと環境」をテーマに、環境・省エネ対策を促進する企業等と連携し、低炭素・環境技術の国際的な移転・促進や、兵庫県内での地域循環共生圏の構築支援に焦点を当てた研究を実施しています。また、兵庫県版再生可能エネルギー100推進事業、神戸大学との脱炭素社会共同講座、県内の高校生対象の脱炭素社会ワークショップなど、兵庫県内の温暖化対策・環境分野の取り組みに貢献しています。

「低炭素技術の移転促進と普及」研究

<インド>
  2010年以来、IGESとインドエネルギー資源研究所(TERI)は、日本からインドへの低炭素技術の移転促進のための活動を共同で実施、2016年にこの活動をより深化し、日印関係者間の連携を機能的に進めるため、日本・インド技術マッチメイキング・プラットフォーム(JITMAP)を立ち上げました。

ウェブ上にて技術、金融、制度・政策等に関する情報を加えて様々なステークホルダーを結びつける仕組み(マッチメイキング・プラットフォーム)である”Japan-India Technology Matchmaking Platform(JITMAP)“を構築し、より実用的な運用へ向けてウェブサイトにて情報発信しています。http://www.jitmap.org./index.php

これを背景に、関西を中心とした民間企業、関係機関等と連携し、兵庫県が包括的な連携協定を結ぶインド・グジャラート州等において、現地での技術移転活動を支援しています。現地での当該技術のインド側関係者の理解促進を図るワークショップの開催や技術研修、現地工場等での技術適用可能性調査、それ以外にもインド側招聘者の日本企業の視察、県内企業との連携可能性を探るアンケート調査、日本側関係者間の意見交換の場の設定、国際フォーラム等での研究成果の発表等を行っています。

<タイ>
 IGESバンコク地域センターと連携し、現地調査およびワークショップ等を実施し、日本の技術の移転促進・普及等に取り組んでいます。タイ国エネルギー省や工業省と共に省エネを主眼にした現在のエネルギー報告システムの改善・意識向上を目指したエネルギー診断士(管理者)向けの研修等を実施しています。

「地域循環共生圏」研究

国の第5次環境基本計画において目指すべき社会の姿として定められた「地域循環共生圏」を実現するため、兵庫県農政環境部環境管理局温暖化対策課が事務局を務める「北摂里山地域循環共生圏構築検討会議」と連携し、北摂地域(三田市と宝塚市、猪名川町、川西市の各北部エリア)においてその形成を支援しています。 
次図の想定実践活動例を中心に、2020年度は宝塚市西谷地区において木質バイオマスの有効利用をはかるための調査を実施し、将来的には各活動を兵庫県下の他地域に横展開をはかる予定です。
詳しい活動状況は北摂里山地域循環共生圏ホームページに掲載しています。

「気候変動適応・防災」研究

JICA事業として、2016年から2018年に実施した「ASEAN災害リスク低減(DRR)と気候変動適応(CCA)の統合に対する制度・政策枠組みに関する基礎情報収集・確認調査」での成果を踏まえ、日・ASEAN統合基金(JAIF)における事業”Disaster risk reduction by integrating climate change projection into flood and landslide risk assessment“においても参画中です。

「兵庫県における再生可能エネルギー促進施策」研究

兵庫県から「ひょうご版再エネ100事業」を受託し、事業所における再生可能エネルギー利用の拡大(太陽光発電自家消費及び再生可能エネルギー電力調達の拡大)と、地域における面的利用の拡大(地域新電力、マイクログリッド構築)に関する施策検討を目的とした研究を実施しています。

新着情報

インド産業界への日本の環境技術の移転促進を通じた連携強化を呼びかける JPRSIセミナー

IGES関西研究センターの橘美加研究員は、2022年11月28日に、インドでの環境ビジネス展開をテーマとする環境インフラ海外展開プラットフォーム(JPRSI)が主催するセミナーにおいて、JITMAPを通じたインドにおける日本の環境技術の移転促進の取り組み経験を発表しました。

2023年は、G7が日本、G20がインドにて開催が予定されており、両国とも議長国としての重責を担います。同年1月には、インドにおいて日本インド環境ウィークの開催も予定されていることから、日本とインドは、更に連携を強化していく重要性が高まっています。両国の連携強化にも資するよう、JITMAPでは、引き続き、インドの環境改善、カーボンニュートラル、エネルギー効率化の実現への貢献に向けて取り組んでいきます。

 
001

脱炭素社会実現に向けて新しいライフスタイルを目指した取り組みを発信

IGES関西研究センター小嶋公史副所長は、2022年11月11日に開催された一般社団法人関西電気管理技術者協会法人化五十周年記念式典において、「1.5℃ライフスタイル:脱炭素社会実現に向けた、新しいライフスタイルを目指して」というタイトルで記念講演を行いました。

講演では、2050年までにカーボンニュートラルを達成するには社会全体のシステム自体の転換が必要であることを強調しました。具体的には、ライフスタイルの見直しを通じて持続可能な形でカーボンニュートラルを目指す「1.5℃ライフスタイル」の取り組みを紹介し、市民・企業・行政の連携を通じた社会全体のシステム転換を促進できる可能性について説明しました。

講演には約800名の電気の保安、安全確保、安定供給に関わる専門家が参加し、講演を通じて、IGESの新しいライフスタイルの取り組みへの理解を深めていただく機会になりました。

 

地エネと環境の地域デザイン事業の第2回協議会に参画しました。

  ・「地エネと環境の地域デザイン事業」ウェブサイト

  ・「第2回協議会」の模様は、こちらをご覧ください。

  ・ 神戸新聞での紹介記事は、こちらをご覧ください。

 

2020年1月22日に開催された国際防災・人道支援フォーラム2020にパネリストとして参画しました。

朝日新聞(2020年1月30日)掲載記事は、こちらをご覧ください。[朝日新聞社 承諾番号:20-4235] ※朝日新聞社に無断で転載することを禁じます。

「国際防災・人道支援フォーラム2020」公式サイト

 

2018年度関西研究センターのインドにおける研究活動が、Mahratta Chamber of Commerce, Industries & Agriculture (MCCIA) Magazineに掲載されました。

ダウンロード

 

2018年度関西研究センターのインドにおける研究活動が、SAMEEEKSHA’s Newsletter に掲載されました。

ダウンロード

関連出版物

関連イベント

過去のイベント

地域循環共生圏枠組み適用の可能性を探るナショナルワークショップ・タイ開催

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)関西研究センター(KRC)は、2022年10月20~21日に、地域循環共生圏ナショナルワークショップ「タイにおけるレジリエントで持続可能な地域社会のための地域循環共生圏(Regional-CES)コンセプトの促進」をタイで開催しました。 本ワークショップは、IGESとアジア太平洋地球変動研究ネットワーク(APN)の連携事業「地域循環共生圏に関する共同スコーピングプロジェクト」の一環で、タイを対象にアジア工科大学院Disaster...
過去のイベント
インドにおける日本の環境技術の導入に向けたオンライン協議会

「インドの鋳造と繊維部門における日本の低炭素技術:機会、障壁、改善策」の開催

(公財)地球環境戦略研究機関(IGES)関西研究センターは、日本・インド技術マッチメイキング・プラットフォーム(JITMAP)の活動の一環として、2022年5月18日にオンライン協議会「インドの鋳造と繊維部門における日本の低炭素技術:機会、障壁、改善策」をインドのエネルギー資源研究所(TERI)と共同で開催しました。 本協議会は、JITMAPの活動の一環として2021年度に実施した...
過去のイベント

ひょうごゼロカーボン産業社会セミナー

長期的なあるべき将来像として2050年カーボンニュートラルを実現する方向性を示している兵庫県では、温室効果ガス排出量の約7割を占める産業部門の脱炭素化に向けて様々な施策を検討しています。新たな事業環境の下で競争力を高めつつ、ゼロカーボンを達成するためには、何をすればよいのでしょうか?本セミナーでは、ゼロカーボン化を自ら推進し、具体的なソリューションを提供する企業の取り組みから、中小企業も含めた県内の産業が取り組むことができる方策について学びます。

関連プロジェクト

関連ニュース

プレスリリース
2021年10月1日

第13回 持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP2021】 「未来を導く決定的な10年: 気候、生物多様性と他の地球的課題の統合的な解決を目指して」開催

2021年11月24日(水) 本会合(ハイブリッド) 2021年11月25日(木)~12月3日(金) テーマ別会合(オンライン) 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、第13回持続可能なアジア太平洋に関する国際フォーラム【ISAP(アイサップ)2021】の本会合を2021年11月24日(水)にパシフィコ横浜で対面とオンラインのハイブリッドで、テーマ別会合を11月25日(木)~12月3日(金)、オンラインにて開催します。ISAPは...
お知らせ
2020年10月30日

関西研究センターが、若者の気候変動に対するアクションをサポート

IGES関西研究センターでは、兵庫県と連携し、県内の高校生を対象に「ひょうご高校生 環境・未来リーダー育成プロジェクト」を実施しています。本プロジェクトは、気候変動に取り組む産官学の専門家の講義に加え、グループワークやロールプレイングゲームを用いたワークショップ形式での学びをデザインし、高校生が主体的に気候変動の解決に向けた行動(政策の提言、ソーシャルビジネスの提案など)を起こすことに伴走してサポートしています。第1回(10月3日)、第2回(11月14日)、第3回(12月12-13日...

関連スタッフ