劉 晨

96件中 1~10件目を表示中 (日付順)
研修用教材
著者:
Ishigaki
Tomonori

機械的・生物学的処理(MBT)は、投棄される廃棄物の量を削減するために埋立前に行う事前の処理手法である。MBTでは、文字通り機械的な破砕・選別プロセ
スと、生物学的処理(好気性・嫌気性分解など)を組み合わせて処理を行う。MBTは、廃棄物処理という観点からは、系統的分別がされていない家庭から出る
未分別の廃棄物にも適用できるというメリットがある。MBT施設では、様々な目的のため多数のプロセスを様々な組み合わせで利用することができる。資源の観
点からは、廃棄物由来の固形燃料(RDF/SRF)の生産にもMBTを用いることができ、選別プロセスにより金属などのリサイクル資源を回収できるメリットもある。また、嫌気性消化によってバイオガスも回収できる...

政策プロセスへの提言
著者:
川本
克也
佐々木

本ガイドラインは、アジアの開発途上国の都市において、主に家庭廃棄物と商業廃棄物であるMSWを対象とするWtE焼却技術に焦点を当てている。本ガイドラインは、WtE焼却について明確に理解する上で参考になる付加的な知識や情報を求める、国および都市レベルの意思決定者および政策立案者、住民やその他関係者が、廃棄物管理の改善に役立つ適切な選択肢としてWtE焼却技術導入の実現可能性について検討するのを支援することを目的としている。本ガイドラインは、
以下のことを提供する。
(1)WtE焼却技術を、そのメリットとデメリットを含め全体的に理解できるようにし、持続可能なWtE焼却プラントを計画する上での技術的および非技術的側面について説明する。
(2)WtE焼却技術の導入可能性を検討する際に...

ポリシーレポート
著者:
Joseph Edward Alegado
Jose Miguel Aliño
Stephen Cheuk Fai Chow
Ma. Brida Lea Diola
Lea Gurrero
Von Hernandez
石村
雄一
Effie Kim
Doun Moon
Gemma Pelogio
Peixun Pey
Tiara Samson
Satyarupa Shekhar Swain
Maria Antonia Tanchuling
Vu Duc Canh
坂野
奥野
光久

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は、ハインリヒ・ベル財団、一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパンとのパートナーシップのもと、『プラスチック・アトラス 合成ポリマーの世界事実と統計 アジア[日本語特別版]』を発刊しました。

201911月、ハインリヒ・ベル財団およびBreak Free From Plasticは、深刻なプラスチック汚染問題の背景にあるビジネスモデルや社会的仕組みなどを分析・考察し、簡潔かつ具体的な記述およびインフォグラフィックを用いて問題の本質をわかりやすく示した『PLASTIC ATLAS』を出版しました。2021 年には、プラスチック生産・使用・廃棄に関して大きな役割をもつアジアに焦点を当て、地域特有の事情や課題に加えて、新型コロナウイルス(COVI...

委託報告書

本委託業務報告書は、以下の項目を取り扱う。

①COVID-19からの社会転換の構築のための全国レベルの都市地域炭素マッピング手法と脱炭素化政策評価手法の開発

②自治体のゼロカーボンシティ計画策定ニーズ・経済活動回復と脱炭素化を両立させるスマート社会実現方策の検討

③大学・企業・自治体との連携による都市地域炭素マッピング等活用・連携体制構築

④災害対策等にも汎用性があるゼロカーボンシティ計画策定のためのデータ整備

コンファレンスペーパー
The 2nd ERIA’s Experts Working Group on Marine Plastic Debris

This is a scoping paper to frame the study to assess current state and changing patterns of usages, consumption as well as regulation on single use plastics which is triggered or accelerated by COVID-19 pandemic. The study aims to reveal changing consumption patterns of single use plastics through case-studies in selected cities. The study tries to...

ポリシーレポート

地球温暖化を産業革命前の水準から1.5°C以内に抑えるには、一人あたりのカーボンフットプリントを世界平均で現在の4.6tCO2e/年から2030年には2.5tCO2e/ 年に削減する必要がある。住宅、食、移動、製品の購入、サービス利用、レジャーの分野における消費量とエネルギー原単位の分析から、京都市に暮らす人々の暮らしに関わる平均的なカーボンフットプリントは7.0tCO2e/ 年であることがわかった。これは日本の全国平均(7.1tCO2e/ 年)よりやや低い水準であるが世界平均(4.6tCO2e/ 年)よりは多い。

7.0tCO2eから2.5tCO2eへのカーボンフットプリントの削減は、供給(生産)側と需要(消費)側の対策を組み合わせることで初めて可能となる...

ポリシーレポート

地球温暖化を産業革命前の水準から1.5°C以内に抑えるには、一人あたりのカーボンフットプリントを世界平均で現在の4.6tCO2e/年から2030年には2.5tCO2e/ 年に削減する必要がある1。住宅、食、移動、製品の購入、サービス利用、レジャーの分野における消費量とエネルギー原単位の分析から、横浜市に暮らす人々の暮らしに関わる平均的なカーボンフットプリントは7.1tCO2e/ 年であることがわかった。これは日本の全国平均(7.1tCO2e/ 年)と同等の水準であり世界平均(4.6tCO2e/ 年)よりは多い。7.1tCO2eから2.5tCO2eへのカーボンフットプリントの削減は、供
給(生産)側と需要(消費)側の対策を組み合わせることで初めて可能となる...

査読付論文
World Food Policy所収

This article asks how to achieve food waste prevention in Asia from a governance perspective by looking at Japan, Thailand, and Vietnam as case studies. Aligning stakeholders behind preventive measures on food waste requires a context-appropriate mix of hierarchical, market, and network modes of governance. This article analyzes current food waste...

広報物

The '1.5-Degree Lifestyles Magazine' shares stories about everyday sustainable living. It is part of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ project, 2019-2021. This demonstration project is implemented under the
United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution...

キーワード:

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。