コダケ  アディティ

Former Staff (from Jul 2017 - Dec 2021 )
45件中 1~10件目を表示中 (日付順)
ディスカッションペーパー
この報告書は、過去2年間、(一社)環境政策対話研究所が作成してきた「欧州気候市民会議に関する調査報告書(2021年及び2022年版)」を引き継ぎ、地球環境戦略研究機関(IGES)において作成した2023年版です。2021年4月に作成された最初の報告書では、フランスおよび英国の国レベルで行われた気候市民会議の詳細の報告に重点が置かれました。2022年9月に作成された2番目の報告書は、英国やフランスの自治体などへの気候市民会議の広がりと英仏以外の欧州諸国の取り組みをカバーし、可能な範囲でそれらの相互比較や多面的な視点からの分析を行いました。この3回目の報告書は、欧州においてこれまでに実施された気候市民会議から得られた多くの学びや、それを基に作成された様々なガイダンスの紹介に重点を置いています。
委託報告書
COP21 で採択されたパリ協定においては、世界全体の平均気温の上昇を2℃より⼗分下⽅に抑える世界共通の⽬標が設定され、我が国のみならず、世界全体での⼤幅削減が必要である。また、我が国においては、昨年10 ⽉に菅内閣総理⼤⾂が2050 年までにカーボンニュートラルを⽬指すことを宣⾔したほか、今年4 ⽉には2030 年度に温室効果ガス46%の削減、さらに50%の⾼みに向け挑戦する旨を宣⾔しており、脱炭素社会の構築が求められている。 2019 年6 ⽉に我が国が議⻑国となり開催された、G20 持続可能な成⻑のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合では、イノベーションをテーマとする議論が⾏われ「軽井沢イノベーションアクションプラン」が採択された。こうしたG20 の成果を受けて...
ポリシーレポート
地球温暖化を産業革命前の水準から1.5°C以内に抑えるには、一人あたりのカーボンフットプリントを世界平均で現在の4.6tCO2e/年から2030年には2.5tCO2e/ 年に削減する必要がある1。住宅、食、移動、製品の購入、サービス利用、レジャーの分野における消費量とエネルギー原単位の分析から、横浜市に暮らす人々の暮らしに関わる平均的なカーボンフットプリントは7.1tCO2e/ 年であることがわかった。これは日本の全国平均(7.1tCO2e/ 年)と同等の水準であり世界平均(4.6tCO2e/ 年)よりは多い。7.1tCO2eから2.5tCO2eへのカーボンフットプリントの削減は、供 給(生産)側と需要(消費)側の対策を組み合わせることで初めて可能となる...
ポリシーレポート
地球温暖化を産業革命前の水準から1.5°C以内に抑えるには、一人あたりのカーボンフットプリントを世界平均で現在の4.6tCO2e/年から2030年には2.5tCO2e/ 年に削減する必要がある。住宅、食、移動、製品の購入、サービス利用、レジャーの分野における消費量とエネルギー原単位の分析から、京都市に暮らす人々の暮らしに関わる平均的なカーボンフットプリントは7.0tCO2e/ 年であることがわかった。これは日本の全国平均(7.1tCO2e/ 年)よりやや低い水準であるが世界平均(4.6tCO2e/ 年)よりは多い。 7.0tCO2eから2.5tCO2eへのカーボンフットプリントの削減は、供給(生産)側と需要(消費)側の対策を組み合わせることで初めて可能となる...
ポリシーレポート
著者:
Chaikaew
Pasicha
Bunditsakulchai
Pongsun
Pongkijvorasin
Sittidaj
'Nonthaburi in 2030: Envisioning 1.5-Degree Lifestyles' shares findings of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ demonstration project, 2019-2021. This project was implemented under the United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution to the 10YFP Trust Fund...
キーワード:
ポリシーレポート
'Yokohama in 2030: Envisioning 1.5-Degree Lifestyles' shares findings of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ demonstration project, 2019-2021. This project was implemented under the United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution to the 10YFP Trust Fund...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
Jha
Vimlendu Kumar
Bery
Ashim
Sangwan
Kuldip Singh
Choudhary
Kailash
'New Delhi in 2030: Envisioning 1.5-Degree Lifestyles' shares findings of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ demonstration project, 2019-2021. This project was implemented under the United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution to the 10YFP Trust Fund...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
'Cape Town in 2030: Envisioning 1.5-Degree Lifestyles' shares findings of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ demonstration project, 2019-2021. This project was implemented under the United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution to the 10YFP Trust Fund...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
Yamanaka
Bruno
Iwasaka
Fernanda
Kuroki
Larissa
Duarte
Beatriz
Contreras Pineda
Francisco Javier
de Albuquerque Fujiwara
Flora Lyn
Silva
Victor
'Sao Paulo in 2030: Envisioning 1.5-Degree Lifestyles' shares findings of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ demonstration project, 2019-2021. This project was implemented under the United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution to the 10YFP Trust Fund...
キーワード:
広報物
The '1.5-Degree Lifestyles Magazine' shares stories about everyday sustainable living. It is part of the ‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’ project, 2019-2021. This demonstration project is implemented under the United Nations’ One Planet network and funded by the Government of Japan through its contribution to...
キーワード:

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。