Circular Economy

19件中 1~10件 (日付順)
コメンタリー
IISD SDG Knowledge Hub
著者:
Hjaltadottir
Rannveig Edda
Modic
Dolores
The sustainability transition requires transformative systemic change, shifting away from mass production and consumption towards the dematerialization of production processes and maximizing the value and longevity of materials and products. Bold leadership is needed to move towards a new economic and social system that decouples economic...
キーワード:
プロシーディングス
著者:
This paper briefly describes the circular economy (CE) practices and opportunities in Africa and the significant role that hubs play in driving a transition towards a CE. It further reveals learnings from the WCEF 22 side event discussions on the priority areas of the hubs in Africa, activities and crucial stakeholders. The WCEF 22 side event was...
ファクトシート
2022年11月30日に発表されたEUの2つの文書の概要を整理し、主なポイントをとりまとめました。 包装と包装廃棄物についての規則改定案(Proposal for a revision of EU legislation on Packaging and Packaging Waste) バイオベース・生分解性・コンポスト可能プラスチックについての政策枠組みに関するコミュニケーション(EU policy framework on biobased, biodegradable and compostable plastics) 2023年1月18日初公表
その他アーティクル
月刊 法律のひろば所収
2015年以降、海洋プラスチック問題への関心の高まったこと、さらには循環経済への移 行が重要な国際政策課題と位置づけられたことにより、国際社会、各国そして企業レベル でのプラスチック資源循環への取組が大きく拡大している。特に、EUの2015年循環経済 行動計画(EC,2015)・20018年EUプラスチック戦略(EC,2018)の策定をきっかけとし 、欧州各国に限らず、アジア等の途上国も含め、世界各国でプラスチック政策の整備が進 んでいる。これに並行して、国連やG7・G20レベルにおいてプラスチックに関する議論や 合意が進んでいる。本年、3月には国連環境総会で、プラスチック汚染に関する国際約束 の作成に向けた決議が採択され、国際交渉委員会の開催準備が進むなど、国際的な議論は...
レポートチャプター
This chapter is developed to the Plastic Atlas Japan Special Edition プラスチック・アトラス アジア[日本語特別版]. As discussed by the chapter, Japan has introduced numerous innovative policies and strategies to promote the circulation of resources and to build a sustainable society. The Japanese experience shows that building an adequate waste management system is a...
レポートチャプター
This chapter is newly added to the Plastic Atlas Japan Special Edition プラスチック・アトラス アジア[日本語特別版]. From the “economic miracle” period up to the present, Japan has built an excellent system for efficiently collecting and recycling recyclable waste. Yet, recycling does not constitute a definitive solution. Rather, it is important to lower the amount of...
レポートチャプター
双日総合研究所 季報所収
著者:
循環経済(サーキュラー・エコノミー)とは、天然資源採掘や廃棄を最少化しながら付加価値を最大化する経済活動を意味する。これまでの大量生産、大量消費、大量廃棄を前提とした「線形経済」(リニア・エコノミー)に代わり、あらゆる段階で資源の効率的・循環的な利用を図る。本稿は、EU と日本における循環経済の確立に向けた政策に関し、特にプラスチックに焦点を当て、ビジネスチャンスを考察する。2020 年に EU が「新循環経済行動計画」を、日本が「循環経済ビジョン 2020」を公表しており、循環経済は新しい経済モデルとなる可能性が高まる。日本では 2022 年 4 月に「プラスチック資源循環促進法」が施行される。これにより製造業者に環境配慮設計を促す公的認定制度の創設など、循環経済の制度設計が進むなか...
キーワード:
ファクトシート
In recent years, marine plastic litter has been a critical policy issue, and action in an internationally harmonised manner is necessary to tackle this situation. Based on the G20 Implementation Framework for Actions on Marine Plastic Litter, voluntary country reporting has continued since 2019. Three reports with rich country and organisational...
その他アーティクル
Japan Environment Quarterly所収
In 2010, the 10th meeting of the Conference of the Parties (COP10) to the CBD was held in Japan (Nagoya, Aichi Prefecture). With the participation of 179 parties as well as relevant international organisations and NGOs, a new strategic plan for biodiversity, including the Aichi Biodiversity Targets was adopted for the 2011-2020 period. The Aichi...