梅宮 知佐

68件中 1~10件目を表示中 (日付順)
プロシーディングス
This report summarizes the key discussion points of the two-day Asian Transparency Workshop on December 14-15, 2020. With the aim to promote knowledge-sharing among countries in Asia for the effective implementation of the Paris Agreement’s Enhanced Transparency Framework (ETF), the workshop particularly focused on a roadmap for preparation of...
プレゼンテーション
Asian Transparency Workshop: Roadmap for BTR1 and reporting under Article 6.2
The Asian Transparency Workshop organized by the MOEJ, the IGES, UNFCCC-RCC and GSP aims to promote knowledge sharing among countries in Asia for the effective implementation of the Paris Agreement’s Enhanced Transparency Framework (ETF). This presentation provides, as introduction to the workshop, the linkage of ETF and reporting under Article 6...
プレゼンテーション
Asian Transparency Workshop: Roadmap for BTR1 and reporting under Article 6.2
This PPT is developed based on the author's understanding of the draft guidance of Article 6 paragraph 2 of the Paris Agreement (Article 6.2), based on the Mutual Learning Program for Enhanced Transparency using the Joint Crediting Mechanism (JCM) as an example. It does not represent the ideas of the Ministry of the Environment, Japan. It presents...
プレゼンテーション
Asian Transparency Workshop: Roadmap for BTR1 and reporting under Article 6.2
This presentation provides, as introduction to the breakout group discussion in the Asian Transparency workshop, the common challenges when countries track progress of individual mitigation actions to prepare the 1st BTR. The possible solutions (long and short term) in each challenge were developed based on the mutual learning program for enhanced...
他機関出版物の翻訳
2020年のNYDF進捗状況評価では、持続可能な開発を達成するための2つの補完的で重要な目標に焦点を当てている。 目標3 2020年までに農林業以外の経済セクターからの森林減少を大幅に削減する 目標4 貧困を削減し、森林減少を引き起こす原因となっている人々の基本的なニーズ(自給自足農業やエネルギーのための木質燃料への依存など)を持続可能で公平な開発を促進する代替的な方法で満たすことを支援する 人々の持続可能な生計を支えながら、インフラ開発や採掘による森林減少を削減するという目標3と目標4の達成に向けた進捗は遅々として進んでいない。採取、搾取、消費への依存というこれまでの経済開発戦略を、森林と人々に価値を置くという代替経路に劇的に転換しなければ、世界は持続可能な開発、気候危機...
データ/ツール
IGES Biennial Update Report (BUR) Database provides key information reported in biennial update reports (BURs) submitted by Non-Annex I Countries to the UNFCCC. According to UNFCCC COP decision 2/CP.17, non-Annex I Parties, consistent with their capabilities and the level of support provided for reporting, should submit their first BUR by December...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
White
Molly K.
Arroyave
Valeria
This document describes the key findings, research methods, assessment results, and suggestions for future work resulting from the compilation of the Global Database of National GHG Inventory Capacity in Developing Countries. Principle to this research was the creation of two GHG inventory capacity indices, GHGI Capacity and GHGI Applied. The two...
委託報告書
著者:
Amano
Masahiro
Sato
Atsuhi
本中間評価報告書は、環境研究総合推進費(2-1909)のサブテーマ4「土地利用変化時の土壌炭素量変化に関するインベントリ算定の実装に関する研究」の中間研究成果を取りまとめたものである。2019年4月に提出されたUNFCCC附属書Ⅰ国(先進国)による最新の温室効果ガスインベントリ(NIR、CRF )を収集し、開発地への変化に伴う土壌炭素量変化、及び土地利用変化データの把握に関する算定方法について調査、整理した。加えて、2019年9月末時点に提出されたUNFCCC非附属書Ⅰ国(途上国)のインベントリも収集し、土壌炭素量変化の報告状況を調査した。本研究課題のESM法を用いた開発地への転用に関する土壌炭素量変化係数の設定については、他に事例のない先駆的な研究事例であり...
ディスカッションペーパー
The enhanced transparency framework (ETF) under Article 13 of the Paris Agreement (PA) builds on and enhances the existing transparency arrangements under the UN Convention on Climate Change (UNFCCC). The objective of this paper is to identify to what extent the existing reporting of greenhouse gas (GHG) inventories and mitigation actions by...
委託報告書
本報告書は、環境省委託事業「2019 年度二国間クレジット制度の対象国における効率的な制度実施体制の検討等及びMRV 等の実施支援委託業務」に関する成果をまとめたものである。本業務では、JCMパートナー国におけるJCMの効果的な実施のための透明性の向上並びにJCMのプロジェクトサイクル下でのMRV手続の円滑な実施及びJCMプロジェクトのさらなる拡大に資することを目的として、対象国等における各種コンサルテーション、ワークショップ・セミナー等の実施、MRV手法の検討並びにその適切な実施のための支援などを行った。

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。