Dr.
Chisa UMEMIYA

Results 1 to 10 of 112 (Sorted by date)
Commentary (Op. Ed)
Nikkei Asia

The 2015 Paris Agreement on climate change contains a mechanism, known as the Global Stocktake (GST), to collectively assess progress toward meeting its long-term goals for climate mitigation, adaptation and finance every five years. The outcomes of the GST then are to update their nationally determined contributions to the accord's goals based on...

Working Paper
Author:
Sumit
Prasad
Shikha
Bhasin

This study performs a comparative analysis of the two existing monitoring and evaluation (M&E) methodologies , Capacity-Building Assessment Matrix (CBAM) and Greenhouse Gas Inventories (GHGI) Capacity Indices , both of which aim at undertaking quantitative assessments of capacity-building efforts for climate reporting aspects. In the study...

Presentation
GCPつくばセミナー

パリ協定のグローバル・ストックテイク(GST)の目的は、世界全体の進捗を5年ごとにストックテイクすることによって、次に各国が定める目標(NDC)の更新・強化に必要な情報を提供することである。本発表では、最新のGSTに関する国際動向を踏まえ、今後GSTがこの目的を達成するにはどうすれば良いか?について議論を深めることを目指す。IGESでは、UNFCCCの下、第1回GSTの国際プロセスに継続して参画すると共に、2022年からは海外機関と連携して東南アジア地域の非政府アクターのGSTへの参画を促す地域ハブ「the Independent Global Stocktake (iGST) Southeast Asia Hub」を運営する。

Data or Tool

IGES Biennial Update Report (BUR) Database provides key information reported in biennial update reports (BURs) submitted by Non-Annex I Countries to the UNFCCC. According to UNFCCC COP decision 2/CP.17, non-Annex I Parties, consistent with their capabilities and the level of support provided for reporting, should submit their first BUR by December...

Translation of non-IGES Material

 本稿は、WRIのワーキングペーパ― "Consideration of Nature-based Solutions as Offsets in Corporate Climate Change Mitigation Strategies (Seymour and Langer 2021)"の日本語訳である。

主要メッセージ

  • 多くの企業が、自らが関与する化石燃料由来の温室効果ガス(GHG)の排出量の一部をオフセット(相殺)するために、気候変動対策としてネイチャー・ベースド・ソリューション(自然に基づく解決策:NBS)を取り入れ始めている。
  • 社会全体のGHG排出量を実質ゼロ、いわゆるネット・ゼロ・エミッションの状態に移行するには、NBSへの資金供給が不可欠かつ緊急に必要である...
Briefing Note

 2022年6月、ドイツ・ボンで開催された国連気候変動枠条約(UNFCCC)第56回補助機関会合(SB56)において、まだ一部手探りの状態ではあったが、第1回グローバルストックテイク(GST)の第1回技術的対話が実施された。パリ協定の下で実施される各国の行動・支援は、世界全体で見て長期目標の達成に足りているのか。足りない場合、いかに各国の目標引き上げにつなげられるか。この重要な問いに答えるべく1回目の技術的対話が予定の通り実施されたことは歓迎すべきである。 

Peer-reviewed Article
In Journal of Environmental Information Science
Author:
Noriko
SHIMIZU
Masako
IKEGAMI

This study intends to identify conditions that determine the characteristics of donors who allocate a larger share of Official Development Assistance (ODA) to climate change mitigation (mitigation ODA) following the adoption of the Paris Agreement. The study uses fuzzy-set qualitative comparative analysis (fsQCA) which allows us to examine...

Technical Report
Author:
Carlos
Riano

This report covers the technical assessment of the voluntary submission of Thailand on its proposed forest reference emission level (FREL) and forest reference level (FRL) in accordance with decision 13/CP.19. The author at IGES (Chisa Umemiya) served as a member of the technical assessment team.

Fact Sheet

 2021年11月に開催された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第26回締約国会議(COP26)において、パリ協定の世界全体の進捗状況を評価する仕組みであるグローバル・ストックテイク(Global Stocktake:GST)が開始した。これを受けて2022年3月以降、UNFCCC事務局は4つの統合報告書を順次公開する。これら統合報告書は、国連気候変動政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書等の様々な情報源と共に、GSTの技術的評価に必要な情報を提供する。
 本稿では4つの統合報告書のうち、『GHG排出・吸収量の状況と緩和努力に関する統合報告書』(UNFCCC, 2022)のポイントを分かりやすく解説する。同報告書は締約国が提出した以下の情報を統合した結果を示している。

・先進国全...

Results 1 to 1 of 1 (Sorted by date)
Project
Updated: November 2022

Global Stocktake (GST) Special webpage

The final approval of the implementation guidelines for the Paris Agreement at the 26th Conference of the Parties (COP26) to the UN Framework Convention on Climate Change last November has prompted a phase in which countries will be required to take