アブドゥサレム ラビィ

183件中 1~10件目を表示中 (日付順)
ポリシーレポート

グリーンボンドの市場規模は国内外で年々拡大し、日本国内の発行額は2020年には約1兆170億円にまで成長した。一方、グリーンボンドのレポーティングについては、国際的にも、一貫性の欠如や不適切性が指摘されており、投資家が発行体によって開示されているインパクトを自身のポートフォリオに落とし込むことが困難であることが課題とされている。本稿では、グリーンボンドによって期待される又は実現した環境改善効果(インパクト)について、発行体が投資家の信頼を得るために重要な役割を担っている、レポーティングにおけるインパクトの記載(インパクトレポ―ティング)について議論し、以下を提言として提示した。

  1.  レポーティングの開示: ICMAのGBPにおいては公募債と私募債を区別していないことから...
委託報告書
著者:
The Energy and Resources Institute India

SME sector in India offers considerable potential for reducing India’s GHG emissions through the introduction of low carbon technologies (LCTs). A business-to-business (B2B) model of technology cooperation, targeting Indian SMEs, has been successfully demonstrated by IGES and TERI through several joint projects (2010-2018). IGES and TERI propose to...

その他アーティクル
大阪大学工業会誌 TECHNO-NET所収

IGES関西研究センターでは、日本からインドへの低炭素・省エネ技術の移転促進を目的とした活動を実施してきており、2016年7月には「日本ーインド技術マッチメイキングプラットフォーム(JITMAP)」をインド・エネルギー資源研究所(TERI)とともに立ち上げ、日本の技術シーズとインドの技術ニーズのマッチングを通じた低炭素技術(LCT)の普及に取り組んでいる。日本企業の協力を通じたこれらの活動の概要を紹介する。

コンファレンスペーパー
著者:

The electric CO2 water source heat pumps (EHP) generate hot water and cold water simultaneously using the trans-critical cycle of the natural refrigerant CO2. Since their introduction in 2001, EHP were regarded as the next generation of low carbon technologies. The results from piloting EHP at two diary plants, one in Anand, Gujarat and other in...

コンファレンスペーパー
著者:

The Government of India has set targets to reduce 85% of the use of Hydrofluoro Carbons (HFC) by 2047 (over the 2024-2026 average levels). Based on onsite visits to randomly selected seafood processing plants and cold storages in Andhra Pradesh State, India, the authors found that more than 70% of them use reciprocating compressors based on HFC...

査読付論文
Journal of Resources, Energy, and Development (JREAD)所収

This paper details the efforts made by Institute for Global Environmental Strategies (IGES) and The Energy and Resources Institute (TERI), under their Japan–India collaborative projects, to promote low carbon technologies (LCT) among small and medium enterprises (SMEs) in India. The empirical evidence gathered during the projects show that three...

ワーキングペーパー

Although Japan and India have long considered the possibility of establishing the JCM as has been stipulated in joint statements between these two countries, an official bilateral document to start the JCM has not yet been signed. The JCM is one of the market-based mechanisms which involves Internationally Transferred Mitigation Outcomes (ITMOs)...

委託報告書

エネルギー対策特別会計を用いた海外でのCO2排出削減事業の効果測定、優先順位付け等に貢献することを目的に、以下の業務を実施した。
(1)海外のCO2排出削減事業の事業実施後におけるCO2削減効果の検証として、JCMスキームが実績を重ねつつある状況において、JCMスキームが優れた低炭素技術の導入にいかに貢献するか評価するために、現状におけるJCMスキームの優位性の検討を、1)海外のCO2排出削減事業の事業実施後におけるCO2削減効果の検証、2)JCMスキ-ムを活用した低炭素技術の優位性の評価・検証、3)ケーススタディとの比較におけるJCMスキーム優位性の評価・検証にかかる調査を通じて行い、評価・検証のため、調査結果をまとめた。

(2)環境インフラ展開 にかかる調査として、1)基礎情報...

プロシーディングス
World Sustainable Development Summit 2019

A Thematic Track Titled: Promoting Cleaner Technologies in SMEs was held on February 11, 2019 at the World Sustainable Development Summit (WSDS) 2019 , New Delhi, India. It was also a part of the activities conducted in India in FY2018 under the project on evaluation and verification of CO2 emissions reduction technologies (TA project) funded by...

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。