Dr.
Yasuhiko HOTTA

Results 1 to 10 of 394 (Sorted by date)
Peer-reviewed Article
In 環境経済・政策研究
本稿は,ガーナ,インドネシア,ベトナムの3 カ国でプラスチック汚染対策のためのステークホ ルダー協働の制度化に,「中心的なアクター」と しての役割を果たしたと考えられるナショナル・ プラスチック・アクション・パートナーシップ (NPAP)について,著者らが実施した調査・分析 に基づいている(Asokan et al., 2023).NPAPは, 世界経済フォーラムのイニシアティブであるグ ローバル・プラスチック・アクション・パート ナーシップ(GPAP)の一環として各国単位で形成 されたイニシアティブである.本研究の目的は, このNPAPの事例を通じて,プラスチック汚染対 策のステークホルダー協働の仕組みについて分析 し,現在合意に向けた交渉が行われているプラス...
Presentation
5th ERIA Experts Working Group (EWG) on Marine Plastic Debris Meeting
The presentation overview the current discussion on Extended Producer Responsibility under international negotiation committee on international-legally-binding instrument. The presentation highlighted the followiong points. -INC3 Zero Draft of ILBI: Extended Producer Responsibility systems is a part of policy instruments required for the parties to...
Presentation
Towards Achieving Osaka Blue Ocean Vision in ASEAN Region: Expert and Policy Dialogue on Two Global Assessments on Policy Response to Plastic Pollution
By utilizing the opportunity of Regional Consultation on INC in Asia and the Pacific held on March 5 and 6 2024 in Bangkok, the hybrid webinar was organized as an opportunity to have a policy-expert dialogue on on-going works to prepare more policy-relevant analysis on plastic pollution and effectiveness of policy responses coordinated by leading...
Presentation
材木座 地域防災シンポジウム「建築 × 材木座 × 環境」パネルディスカッション
神奈川県鎌倉市材木座の公会堂のリフォームを記念して、開催された地域防災と環境問題、まちづくりのシンポジウムで、建築家と並んで、IGES堀田康彦がパネリストを務めた。
Presentation
ISAP 2023 全体会合2「解決策の実施(気候変動・生物多様性・循環経済): エントリーポイントと制度改革」
ISAP2023の全体会合2にパネリストとして堀田康彦が登壇しました。循環経済分野に関して、堀田康彦は、プラスチック汚染に関する国際条約の策定に関心が集まっているとして、プラスチックが様々な分野に関連することから、統合的な取り組みにつながる可能性を指摘しました。国際的な合意を地域、各国、自治体レベルに落とし込むとともに、各レベルの課題を国際的な目標設定に反映していく研究活動を展開しており、ベトナム・ダナン市での廃棄物管理プロジェクトと、国内諸都市を対象とした1.5℃ライフスタイルプロジェクトを紹介しました。
Presentation
EXPERT CONSULTATION WORKSHOP: Review of the Assessment Report on Plastic Pollution Management in Asia and the Pacific
Mahidol University and UNEP co-organized an expert review meeting of their on-going publication project on " Assessment Report on Plastic Pollution Management in Asia and the Pacific." ". Hotta facilitated a session 1 on policy approaches to plastic pollution with providing a guiding questions and major discussion points for the report.
PR, Newsletter or Other
サイエンスポータル
Author:
Yoshitaka
Uchijo
JSTのサイエンスポータルに、2023年11月9日に掲載されたレビュー記事「 深刻化する世界のプラごみ汚染防止へ条約づくり進む 原案まとまるが規制は難航必至 」に、IGES研究員の堀田康彦・粟生木千佳の発言などが引用されている。
No Projects Found.