武田 智子

Former Staff (from Jul 2017 - Mar 2021 )
31件中 1~10件目を表示中 (日付順)
ディスカッションペーパー

温暖化に伴う水害の激甚化を受けて、地方自治体において防災・減災対策と適応策を統合し、適応能力と感受性により構成される脆弱性を低減させることが急務である。しかし、適応能力は多様な社会経済的な要素を含むため、政策上どの構成要素が重要であるかに関する包括的な検討は限定的である。そこで、本稿は、アンケート調査を実施し、地方自治体の現在の防災対策実施状況(ハード・ソフト・転換策の合計44対策)と各対策に関する将来の適応策の必要性認識に基づいて適応能力と感受性の構成要素の重要度を評価した。結果として、重要度が高く評価された適応能力要素は、地域コミュニティの「インフラ」(防災用)、「教育」(自主避難判断力、危険認知度)、「情報」(監視警戒力、情報伝達力)、「コミュニティガバナンス」(避難誘導力)、並びに...

ブック
編者:
Nishi
Maiko
M. Subramanian
Suneetha
Gupta
Himangana
Yoshino
Madoka

This open access book is a compilation of case studies that provide useful knowledge and lessons that derive from on-the-ground activities and contribute to policy recommendations, focusing on the relevance of social-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS) to “transformative change.” The concept of “transformative change” has been...

ブックチャプター
Fostering transformative change for sustainability in the context of socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS)所収
著者:
Nishi
Maiko
M. Subramanian
Suneetha
Gupta
Himangana
Yoshino
Madoka

This chapter introduces the idea of transformative change for sustainability and its relevance to the concept and practices of socio-ecological production landscapes and seascapes (SEPLS). First, it lays out the context where transformative change has been described as a way of fundamental, system-wide reorganisation of technological, economic and...

ブックチャプター
Fostering Transformative Change for Sustainability in the Context of Socio- Ecological Production Landscapes and Seascapes (SEPLS)所収
著者:
Nishi
Maiko
M. Subramanian
Suneetha
Gupta
Himangana
Yoshino
Madoka

This chapter synthesises major findings from the eleven case studies from different countries across the world (i.e. Kenya and Madagascar from Africa; Chinese Taipei, India, Nepal and the Philippines from Asia; Italy, Spain and UK from Europe; Antigua and Barbuda and Colombia from Latin America) concerning SEPLS management in relation to...

査読付論文
Water Science & Technology所収
著者:
Kitajima
Masaaki
Huong
N. T. T.
Setiyawan
A. S.
Setiadi
Tjandra
Hung
D. T.
Haramoto
Eiji

This mini review describes the current status and challenges regarding institutionalisation of wastewater surveillance systems against COVID-19. Monitoring SARS-CoV-2 in wastewater has been proposed to be a potential tool to understand the actual prevalence of COVID-19 in the community, and it could be an effective approach to monitor the trend...

他機関出版物の翻訳
著者:
United Nations Environment Programme

[DAISY] (テキストのみDAISY3形式、zipファイル)

この度、NPO法人支援技術開発機構(ATDO)様のサポートによりGEOユースアジア太平洋のDAISY版の作成を行うことができました。DAISYとは誰もが読めるアクセシブルな電子書籍の国際標準規格です。 DAISYについて、また再生ツールの詳細に関してはこちらをご覧ください。 https://atdo.website/ 

ポリシーレポート
著者:
United Nations Environment Programme [UNEP]

[DAISY] GEO for Youth Asia and the Pacific (text only DAISY3, zip file)
IGES is proud to provide GEO for Youth Asia and the Pacific in DAISY format.
DAISY enables accessibility of information to all, including people with print disabilities.
This DAISY file was created by persons with disabilities and the support of the Assistive Technology...

他機関出版物の翻訳
著者:
United Nations Environment Programme

国連環境計画(UNEP)により出版された「地球環境概況(Global Environment Outlook: GEO)-6ユース:アジア太平洋」は、ユースのためにユースにより書かれた報告書です。IGESではこの報告書の執筆、和訳および誰にでも読めるDAISY版への翻訳のサポートを行いました。

政策プロセスへの提言

この数か月のうちに、新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)は、地域における健康上の危機から、世界においてすべてを覆い尽くす世界的大流行(パンデミック)・経済災害へと大きく変化した。COVID-19の感染は急速に広がり、世界のほぼすべての地域の人々の日常生活が大きな影響を受けている。このことは、地方から国、国際的に至るあらゆるレベルの政府が、現状への対策および将来への復興プログラムについて、分野と国境を越えて調整し協力する必要性を明らかにしている。

グローバルな持続可能性の確保はIGESのミッションの中核である。このためIGESは、国境を越え、また個別課題を越えた視点で、現状への対応と将来への復興に資するよう取り組んでいくこととしている。本ポジションペーパーでは...

1件中 1~1件目を表示中 (日付順)
プロジェクト
更新: 2021年3月

持続可能な開発に関するアジア太平洋フォーラム(APFSD)特集

「持続可能な開発に関するアジア太平洋フォーラム(APFSD)」は、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)が毎年開催する国際会議で、「持続可能な開発に関するハイレベル政治フォーラム(HLPF)」に向けて、アジア太平洋地域のSDGsの取り組み状況を把握することを目的としています。この特集ページではIGES研究員によるレポートや、その他APFSD関連の情報を掲載しています。