ヌゴロホ スダルマント ブディ

110件中 1~10件目を表示中 (日付順)
その他アーティクル
IATSS Review所収

The transport sector is one of the main sources of global GHG emissions, of which road transport emissions are greatest. The decarbonisation of road transport requires systemic changes combined with technological interventions to optimise the use of transport modes. Given the diverse options for road transport decarbonisation due to differences in...

その他アーティクル
国際交通安全学会誌所収

運輸部門は、世界における温室効果ガス(GHG)の主な排出源の1つであり、特に道路輸送の比率が高い。道路輸送の脱炭素化には、技術革新と社会変革を組み合わせ、輸送手段を最適化することが求められる。道路輸送の脱炭素化に際しては、技術の進捗状況や商業化のレベルが国や地域によって大きく異なるため、地域ごとのまちづくりや社会的課題の解決につながるような方策が求められる。運輸部門の脱炭素化は、広範な社会構造の変化につながり、気候危機といった深刻な問題に対する解決に貢献するとともに、豊かな交通社会を導く好機となりうる。

政策プロセスへの提言

Padang City, the capital of West Sumatra Province, has a population of 982,884 people as of 2021. A field study was carried out and showed that waste generation in the city reached 660.50 tonnes/day while the volume of waste disposed of at the Tempat Pemrosesan Akhir (TPA: final disposal site in Bahasa Indonesia) Aia Dingin in 2021 was 478 tonnes...

政策プロセスへの提言

Kota Padang, ibu kota Provinsi Sumatera Barat, berpenduduk 982.884 jiwa per tahun 2021. Studi lapangan yang dilakukan menunjukkan bahwa timbulan sampah di kota tersebut mencapai 660.50 ton/hari sedangkan volume sampah yang dibuang di Tempat Pemrosesan Akhir (dalam Bahasa Indonesia disebut Tempat Pembuangan Akhir/TPA) Aia Dingin pada tahun 2021...

リサーチレポート

One emerging issue in Padang City, Indonesia is waste management. In addition to a rise in population, modern lifestyles and tourism development have resulted in burgeoning waste generation, as well as more littering and burning of waste. This problem has exceeded the waste management capacity of the city. Consequently, the Batang Arau river, one...

査読付論文
Applied Energy所収
著者:
Maki
Seiya
Fuji
Minoru
Fujita
Tsuyoshi
Ashina
Shuichi
Gomi
Kei
Sun
Lu
Osawa
Takahiro
Immanuel
Gito
Boer
Rizaldi

Tracking decarbonization effects requires a model for the identification of spatial energy demands on city facilities. However, most developing countries lack detailed discrete time and device-specific energy demand data. In this study, we installed multiple energy demand monitoring systems that could observe electricity demands at the device level...

査読付論文
International Journal of Recycling of Organic Waste in Agriculture所収

Purpose Takakura Composting Method (TCM) is a simple and cost-effective aerobic composting method using locally available materials and has been widely introduced in Indonesia and other countries. This study tracked the progress of scaling the TCM up to 1 tonne/day of organic waste input at the decentralised composting centre in Bandung City...

ワーキングペーパー

本ペーパーでは、COVID-19からの持続可能でレジリエントな回復と、グローバルな目標に沿ったより長期的な経済のリデザインに貢献するために、各国政府がすでに実施している戦略の優良事例を紹介し、さらなる行動への提言を行う。本ペーパーの読者として想定するのは、国レベル、地方レベルの実務者や政策立案者である。本ペーパーは、COVID-19からの回復とその後の社会形成に向けて、気候政策と環境政策を統合するための各国の取り組みや計画を共有するためのハブとして環境省が2020年9月に立ち上げた「リデザイン2020プラットフォーム」内の情報と、これらのトピックに関する最新の外部研究を活用し、持続可能な復興とリデザインを可能にする政策の枠組み作りと優先順位付けに環境省が役立てようとしている3つの移行...

委託報告書

本報告書は環境省委託業務のうち、以下4項目について取りまとめたものである。

①各国のNDC更新及び長期戦略策定並びに各都市の長期低炭素発展戦略策定を見据えたAIMモデルを活用したシナリオ分析支援

②シナリオ分析を活用した途上国等に対する脱炭素に向けた制度構築支援

③途上国における研究者・政策担当等のネットワーク会合の開催

④業務成果の広報活動

委託報告書

本業務は、株式会社ビートルエンジニアリング(以下、BE)が、インドネシア国バリクパパン市が検討している都市ごみを活用した資源循環リサイクル事業を同市の最終処分場内で立ち上げるにあたって、事業計画策定の支援を行うための基礎調査業務として受託したものである。

1件中 1~1件目を表示中 (日付順)
プロジェクト
Updated: 2022年7月

IPCC 第56回総会と第6次評価報告書

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書(AR6)は、第5次評価報告書と同様に5~7年をかけて作成されることが2015年に決定され、2017年にアウトラインが承認されました。その後2018年~2019年にかけて3つの特別報告書が公表され、2021年8月に第1作業部会(WG1)報告書、2022年2月に第2作業部会(WG2)報告書がそれぞれ公表されました。9月にはAR6統合報告書が公表される予定です。このページではIGESからも複数の研究員が執筆に関わり、今年4月に公表された第3作業...