1.5℃ライフスタイル

1.5°C Lifestyles
脱炭素型のライフスタイル
1.5°C Lifestyles
脱炭素型のライフスタイル
1.5C Lifestyles
Mobility
Housing
Food02
Food01
 

1.5℃ライフスタイルとは?

2018年に発表されたIPCC特別報告書によると、地球温暖化を産業革命前と比べて1.5℃以内に抑えるには2050年前後に世界のCO2排出量を実質ゼロにする必要があります。この野心的な目標を達成するには、生産と資源消費の両面でCO2排出削減を進めなくてはなりません。

2019年、IGESは市民のライフスタイルに関連するカーボンフットプリントに関する報告書を、数カ国のパートナーとともに出版しました。1.5℃目標を達成するには、1人あたりのカーボンフットプリントを、2030年までに年間2.5トン、2040年までに1.4トン、2050年までに0.7トンに減らす必要があります。1.5℃目標を達成することを可能にする脱炭素型の暮らし方を「1.5℃ライフスタイル」と呼んでいます。

1.5℃ライフスタイルは、住居、食、移動、余暇、消費財やサービスの消費などに伴うカーボンフットプリントを減らしていくことを目指します。この6つの領域が、市民のカーボンフットプリントの75%を占めるためです。

1.5℃ライフスタイルを実現し広めるためにできること

関連イベント

過去のイベント

第3回 1.5℃ライフスタイルワークショップ in 北九州

IGESは、地球全体の気候危機解決に向けて、私たちひとりひとりのライフスタイルの変容のきっかけをつくる実践型イベント「1.5℃ライフスタイル※ワークショップ」を全国各地で開催しています。福岡県北九州市で3回目の開催となる今回は、「食べもの」をテーマに、地球温暖化の原因となる温室効果ガスを減らすライフスタイルを考えました。近年、気候変動をはじめとした地球環境問題の解決に向けて若い世代の声を社会に反映させようとする動きが広がる中、北九州市立ユースステーションとの共催にて、今後、地域社会の中心的な役割
過去のイベント

1.5℃ライフスタイルワークショップ in 北九州

IGESは、地球全体の気候危機解決に向けて、私たちひとりひとりのライフスタイルの変容のきっかけをつくる実践型ワークショップ「1.5℃ライフスタイル※ワークショップ in 北九州」を開催します。近年、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)をはじめとする気候変動関連の国際会議の場においても若い世代の主張が重要視されていることを踏まえ、今後、地域社会の中心的な役割を担う福岡県在住の10代から30代を対象として行います。日々の暮らしを、行動を、実際に変えると、どのくらいCO2削減ができるのだろう—
過去のイベント

かごしま1.5℃ライフスタイルワークショップ

IGESは、地球全体の気候危機解決に向けて、私たちひとりひとりのライフスタイルの変容のきっかけをつくる実践型ワークショップ「かごしま1.5℃ライフスタイル ※ ワークショップ」を開催します。近年、国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)をはじめとする気候変動関連の国際会議の場においても若い世代の主張が重要視されていることを踏まえ、鹿児島市を拠点に学生と地域社会の関係性をデザインする合同会社hataoriとの協働にて、今後...

「未来のライフスタイル」プロジェクト

Project Information

‘Envisioning Future Low-Carbon Lifestyles and Transitioning Instruments’(将来の低炭素ライフスタイルと変革のための装置)プロジェクトは、国連持続可能な消費と生産10年計画枠組み「持続可能なライフスタイル及び教育」プログラムの一環で、日本政府の支援により実施されました。IGESは、世界各国の組織と協力し、脱炭素型のライフスタイルやまちづくりを目指す世界各国の取り組みを分析しました。また、ブラジル、インド、タイ、南アフリカの4カ国において、1.5℃ライフスタイルを検討し家庭に取り入れる市民ワークショップと家庭実験を実施しました。 以下のパートナー組織がプロジェクトに参加しました。

logos

Project Implementation Partners

  • Akatu Institute, Brazil
  • Chulalongkorn University, Thailand
  • ICLEI Africa, South Africa
  • Swechha, India

Communications and Outreach Partners

  • Hot or Cool Institute, Germany
  • ICLEI Japan
  • Science Communication and Research Institute (SCRI), Japan

Advisory Partners

  • D-mat, Finland
  • National Institute for Environmental Studies (NIES), Japan