気候変動ウェビナーシリーズ

G7における気候・エネルギー・環境課題とは~共同声明から読み解く~

2022年7月12日 (火)14:00-15:00

5月26日~27日にドイツ政府主催のG7気候・エネルギー・環境大臣会合がベルリンにて開催されました。6月26日~28日にはエルマウにてG7首脳級会合が開催され、気候変動、エネルギー、環境課題をともに解決するための共同行動として、共同声明(コミュニケ)が取りまとめられました。首脳級会合の共同声明では、生物多様性や海洋の保護、資源効率性の向上、気候変動対策およびエネルギー移行等のためのコミットメントが盛り込まれました。本ウェビナーでは、今年の共同声明は昨年と比較してどのような変化があったのか、そして日本が議長国となる来年のG7に向けてどのような気候変動・環境課題が重視されるのか、IGES研究員が解説しました。

 

2021年のG7の結果を振り返りたい方は、過去のウェビナーもご活用ください。
第5回 G7気候・環境大臣会合の結果について(2021年6月10日)
https://www.iges.or.jp/jp/events/20210610

イベントの詳細

日付
2022年7月12日 (火)14:00-15:00
会場

オンライン

言語
日本語
コンタクト

発表資料

G7における気候・エネルギー・環境課題とは~共同声明から読み解く~

司会進行: 田村 堅太郎 気候変動とエネルギー プログラムディレクター

14:00 - 14:15
高橋 健太郎
気候変動とエネルギー 副ディレクター
PDF(1.6MB)
14:15 - 14:30
小野田 真二
サステイナビリティ統合センター リサーチマネージャー
PDF(1.8MB)
14:30 - 15:00
質疑応答
   

録画映像