Dr.
甲斐沼 美紀子

11件中 1~10件目を表示中 (日付順)
委託報告書
本業務では、今後世界及び我が国が長期目標を実現していくにあたり、いかに脱炭素社会への遷移を果たすか、またそのためには短中期的にどのような取り組みを実施していくか「脱炭素社会への遷移(トランジション)」のための方策を調査・検討することを目的とした。 そのため以下の5つの項目について調査を行い、結果を取りまとめたものである。 (1)欧州等の産業構造の遷移(トランジション)戦略の事例調査及び手法の解析 (2)海外における統合評価モデルによる長期戦略等に係る定量分析事例の情報収集 (3)炭素中立社会への遷移(トランジション)に対応する途上国の発展政策調査の実施 (4)低炭素社会国際研究ネットワーク(LCS-RNet)第11回年次会合の開催 (5)脱炭素社会に向けての各国の取組状況の調査
キーワード:
ポリシーレポート
本ハンドブックは、IGES の研究活動ならびに関係機関からの協力をもとに、「変化する気候下での海洋・雪氷圏に関するIPCC 特別報告書」に関する最新の知見を取りまとめたものです。様々な角度からの分析・関連資料を掲載しており、同報告書の総合的な理解に資する内容となっています。 第1 章(イントロダクション)では、IPCC が同報告書を作成するに至った背景を、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)での議論やIPCC の足跡とともに振り返ります。第2 章(ブリーフィング・ノート)では、IGES 研究員が専門的知見をベースに、同報告書の概要を解説しています。第3 章(主執筆者インタビュー)では、実際に同報告書の作成に携わった2 名のIPCC 関係者へのインタビューを収録しています。第4 章...
ポリシーレポート
本ハンドブックは、IGES の研究活動ならびに関係機関からの協力をもとに、「気候変動と土地に関するIPCC 特別報告書」に関する最新の知見を取りまとめたものです。様々な角度からの分析・関連資料を掲載しており、同報告書の総合的な理解に資する内容となっています。 第1 章(イントロダクション)では、IPCC が同報告書を作成するに至った背景を、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)での議論やIPCC の足跡とともに振り返ります。第2 章(ブリーフィング・ノート)では、IGES 研究員が専門的知見をベースに、同報告書の概要を解説しています。第3 章(主執筆者・査読編集者インタビュー)では、実際に同報告書の作成に携わった2 名のIPCC 関係者へのインタビューを収録しています。第4 章...
査読付論文
Climate Policy所収
Achieving long-term climate mitigation goals in Japan faces several challenges, starting with the uncertain nuclear power policy after the 2011 earthquake, the uncertain availability and progress of energy technologies, as well as energy security concerns in light of a high dependency on fuel imports. The combined weight of these challenges needs...
ポリシーレポート
著者:
United Nations Environment Programme
GEO-6の内容をコンパクトにまとめた政策決定者向け要約(SPM:Summary for Policymakers)及びSPM会合ビューローメンバーによって作成されたGEO-6主要メッセージの日本語仮訳版。「健全な地球、健康な人々」をメインテーマに、現在の世界の環境を大気、生物多様性、海洋、土地、淡水、分野横断的課題等の観点から概観し、効果的な環境政策及びアプローチを検討するとともに、世界を持続可能な開発の達成に向けた経路に導くためには、環境的・経済的・社会的な活動を統合した革新的行動を今すぐ起こす必要があるという喫緊のメッセージを発信している。
レポートチャプター
Global Environment Outlook - GEO-6: Healthy Planet, Healthy People所収
著者:
Mangalagiu
Diana
Asrar
Ghassem R.
Jacob
Klaus
Pereira
Laura
van Vuuren
Detlef
Hurley
Fintan
Hedden
Steve
Lucas
Paul
Gomi
Kei
Lucas
Robyn
van den Ende
Mandy Angèl
The 2030 Agenda for Sustainable Development, together with a range of Multilateral Environmental Agreements (MEAs), set an ambitious long-term vision for the universal pursuit of sustainable development through economic, social, environmental and institutional transformation (Chapter 20). Although progress has been made in managing some...
プレゼンテーション
24th AIM International Workshop
We assess the feasibility of Japan’s NDC along with 80% emission reduction by 2050, comparing the role of uncertain nuclear power deployment to other key uncertainties by means of a computable general equilibrium (CGE) model.
プレゼンテーション
3rd Japanese- German Workshop on Renewable Energies
Achieving long term climate mitigation targets for Japan requires deep transformations in the energy system, in particular in the power generation sector. Decarbonization of this sector is unclear due to the uncertain nuclear policy after the 2011 Great East Japan Earthquake. However, many other uncertainties need to be considered, namely the...
レポートチャプター
An IPCC special report on the impacts of global warming of 1.5 °C above pre-industrial levels and related global greenhouse gas emission pathways所収
著者:
Allen
M.R.
Dube
O.P.
Solecki
W.
Aragon-Durand
F.
Cramer
W.
Humphreys
S.
Kala
J.
Mahowald
N.
Mulugetta
Y.
Perez
R.
Wairiu
M.
Zickfield
K.
This chapter frames the context, knowledge-base and assessment approaches used to understand the impacts of 1.5°C global warming above pre-industrial levels and related global greenhouse gas emission pathways, building on the IPCC Fifth Assessment Report (AR5), in the context of strengthening the global response to the threat of climate change...

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。