Adaptation

14件中 1~10件 (日付順)
他機関出版物の翻訳
著者:
Sudmeier-Rieux
Karen
Nehren
Udo
Sandholz
Simone
Doswald
Nathalie

CNRD(天然資源開発センター)とPEDRR(環境と災害リスク削減のためのパートナーシップ)は、Eco-DRR(生態系を活用した防災減災)に関する修士課程向けの教材をつくり、世界の多くの大学などで授業に使われています。その教材の指導者マニュアルの日本語訳版、および、参考資料であるソースブックの日本語訳版を、総合地球環境学研究所Eco-DRRプロジェクトが作成しました。IGESは、これらの日本語訳版の作成にあたり、翻訳を行いました。

なお、本教材の使用についてご関心がある方は、以下にお問い合わせください。
お問い合わせ先:大正大学 総合学修支援機構 古田尚也

他機関出版物の翻訳
著者:
Nehren
Udo
Sudmeier-Rieux
Karen
Sandholz
Simone
Estrelle
Marisol
Lomarda
Milla
Guillén
Tania

CNRD(天然資源開発センター)とPEDRR(環境と災害リスク削減のためのパートナーシップ)は、Eco-DRR(生態系を活用した防災減災)に関する修士課程向けの教材をつくり、世界の多くの大学などで授業に使われています。その教材の指導者マニュアルの日本語訳版、および、参考資料であるソースブックの日本語訳版を、総合地球環境学研究所Eco-DRRプロジェクトが作成しました。IGESは、これらの日本語訳版の作成にあたり、翻訳を行いました。

なお、本資料は、教材の一部であり、非公開です。
本教材の使用についてご関心がある方は、以下にお問い合わせください。
お問い合わせ先:大正大学 総合学修支援機構 古田尚也

他機関出版物の翻訳
著者:
CNRD-PEDRR

CNRD(天然資源開発センター)とPEDRR(環境と災害リスク削減のためのパートナーシップ)は、Eco-DRR(生態系を活用した防災減災)に関する修士課程向けの教材をつくり、世界の多くの大学などで授業に使われています。その教材の指導者マニュアルの日本語訳版、および、参考資料であるソースブックの日本語訳版を、総合地球環境学研究所Eco-DRRプロジェクトが作成しました。IGESは、これらの日本語訳版の作成にあたり、翻訳を行いました。

なお、本教材の使用についてご関心がある方は、以下にお問い合わせください。
お問い合わせ先:大正大学 総合学修支援機構 古田尚也

他機関出版物の翻訳
著者:
CNRD
PEDRR

CNRD(天然資源開発センター)とPEDRR(環境と災害リスク削減のためのパートナーシップ)は、Eco-DRR(生態系を活用した防災減災)に関する修士課程向けの教材をつくり、世界の多くの大学などで授業に使われています。その教材の指導者マニュアルの日本語訳版、および、参考資料であるソースブックの日本語訳版を、総合地球環境学研究所Eco-DRRプロジェクトが作成しました。IGESは、これらの日本語訳版の作成にあたり、翻訳を行いました。

なお、本教材の使用についてご関心がある方は、以下にお問い合わせください。
お問い合わせ先:大正大学 総合学修支援機構 古田尚也

本ページには、PPT教材のサンプルのみ掲載しています。

 

ブリーフィングノート
著者:

適応に関する世界全体の目標(Global Goal on Adaptation: GGA)とは、2015年に採択されたパリ協定において定められた気候変動適応に関するグローバルな目標であり、温暖化を2度未満に抑えるという目標(緩和目標)に並ぶ、パリ協定の支柱の一つである。2021年の国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)において併催されたパリ協定締約国会合(CMA3)では、GGAに関するさらなる協議のため、「GGAに関するグラスゴー・シャルムエルシェイク作業プログラム」(通称 GlaSS)の設置が合意された。GlaSSはその名の通り、英国・グラスゴーで開催されたCOP26とエジプト・シャルムエルシェイクで開催されるCOP27を繋ぐ2か年の作業プログラムであり、年に4回...

プレゼンテーション
TA 9993-THA: Climate Change Adaptation in Agriculture for Enhanced Recovery and Sustainability of Highlands

This presentation systematically describes various steps to be followed for developing a community-based adaptation plan to address the climate change vulnerabilities identified by the project team. 

キーワード:
ファクトシート

2021年11月に開催された国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第26回締約国会議(COP26)において、パリ協定の世界全体の進捗状況を評価する仕組みであるグローバル・ストックテイク(Global Stocktake:GST)が開始された。これを受けて2022年3月以降、UNFCCC事務局は4つの統合報告書を公開した。これらの統合報告書は、国連気候変動政府間パネル(IPCC)第6次評価報告書等の様々な情報源と共に、GSTの技術的評価に情報を提供している。
本稿では4つの統合報告書のうち、『適応に関する取り組み、経験、優先事項の現状に関する統合報告書』(UNFCCC, 2022 )のポイントを解説する 。同報告書は、 (1)...

ブックチャプター
Climate Change 2022: Impacts, Adaptation and Vulnerability所収
著者:
R. Shaw, Y. Luo, T. Sung Cheong, S. A. Halim, S. Chaturvedi, M. Hashizume, G. E. Insarov, Y. Ishikawa, M. Jafari, A. Kitoh, J. Pulhin
et al.

Observed surface air temperature has increased in the 20th century all over Asia (high confidence1). Asian countries are experiencing a hotter summer climate, resulting in an increase in energy demand for cooling at a rapid rate, together with population growth (high confidence). A decrease in precipitation influences energy demand as well, as...

ブックチャプター
Climate Change 2022: Impacts, Adaptation and Vulnerability所収
著者:
R. A. Begum, R. Lempert, E. Ali, T.A. Benjaminsen, T. Bernauer, W. Cramer, X. Cui, K. Mach, G. Nagy, N.C.Stenseth, R. Sukumar, P. Wester
et al.

The IPCC Working Group II contribution to the Sixth Assessment Report addresses the challenges of climate action in the context of sustainable development with a particular focus on climate change impacts, adaptation and vulnerability. Since IPCC AR5, human influence on the Earth’s climate has become unequivocal, increasingly apparent, and...

ポリシーブリーフ
ASEAN Centre for Energy Policy Brief

1. The ASEAN State of Climate Change Report (ASCCR) presented ASEAN’s mitigation goal: i) Achieve net-zero greenhouse
gas (GHG) emissions as early as possible in the latter half of the 21st century; and ii) Cap peak GHG emissions as soon
as possible after 2030 to ensure the net-zero GHG emission goal is met on schedule.
2. However, the updated...