気候変動ウェビナーシリーズ

パリ協定第6条に関する議論と今後の動向

5月14日(金)14:00 - 15:00

4月22日・23日にバイデン大統領の呼びかけにより開催された気候サミットで、アメリカ、日本をはじめ2030年目標を引き上げる国が出てきました。
ますます各国の動きが活発になる中、パリ協定実施ルールの最後のピース、第6条の決着に向け、COP26の準備が着々と進んでいます。

本ウェビナーでは、パリ協定第6条のおさらい、炭素市場と6条の関係、5月31日からの交渉の見通し、COP26に向けた論点と今後の行方について解説します。


イベントの詳細

日付
5月14日(金)14:00 - 15:00
会場

オンライン

言語
日本語
コンタクト

公益財団法人地球環境戦略研究機関

戦略マネージメントオフィス

[email protected]

イベントの詳細

日付
5月14日(金)14:00 - 15:00
会場

オンライン

言語
日本語
コンタクト

公益財団法人地球環境戦略研究機関

戦略マネージメントオフィス

[email protected]

発表資料

パリ協定第6条に関する議論と今後の動向

司会進行: 田口 達 気候変動とエネルギー領域 研究員

14:00 - 14:30
高橋 健太郎
公益財団法人地球環境戦略研究機関
気候変動とエネルギー領域
プログラムマネージャー
PDF (1.3MB)
14:30 - 15:00
質疑応答
 
質問と回答

関連出版物

ディスカッションペーパー
著者:
Ishikawa
Takayuki
Yamasaki
Soshi
Fearnehough
Harry
Schneider
Lambert
Warnecke
Carsten
Hemmi
Tatsushi
Yamaguchi
Kazuko

This paper is based on analytical work previously conducted by NewClimate Institute, Öko-Institut, Mitsubishi UFJ Research and Consulting Co., Ltd., and IGES. The transition of certified emission reductions (CERs) issued under the Clean Development Mechanism (CDM) for use by Parties towards their nationally determined contributions (NDCs) is a key...

ディスカッションペーパー
著者:
Chotevitayatarakorn
Supanut
Panichayapichet
Paweena

Executive summary

  • Under Article 6 paragraph 2 (Article 6.2) of the Paris Agreement (PA), Parties may take cooperative approaches in the implementation and achievement of nationally determined contributions (NDCs). The draft guidance of Article 6.2 stipulates, inter alia, the reporting requirements for the participating Parties to engage in a...
コメンタリー

Commentary on reporting options under Article 6.2 of the Paris Agreement.

In this paper, we provide a summary of reporting options and its evaluation for the three information items which are required in the initial report and regular information under Article 6.2 of the Paris Agreement: 1) Timing of submission of the initial report; 2)...


録画映像


関連映像