金 振

106件中 1~10件目を表示中 (日付順)
プレゼンテーション

글로벌 탄소중립도시 정책 웨비나(グローバル炭素中立都市政策ウェビナー)

著者:

韓国光州市・気候変動センター主催の国際シンポジウムに、コメンテーター(韓国語)として出席。

プレゼンテーション

COP27 성과에 따른 도시의 기후위기대응 전략방향 모색 포럼(COP27の成果から見る都市気候危機対応戦略の方向性)

COP27 성과에 따른 도시의 기후위기대응 전략방향 모색 포럼
著者:

韓国光州市・気候変動センター主催の「COP27の成果から見る都市気候危機対応戦略の方向性」にて、コメンテーター(韓国語)として出席。

プレゼンテーション

NHKクローズアップ現代「世界を襲う“水クライシス” 気候変動・異変の現場をゆく」に出演

著者:

2022年11月9日放送のNHKクローズアップ現代「世界を襲う“水クライシス” 気候変動・異変の現場をゆく」に出演。事前撮影によるVTRにてコメント。

プレゼンテーション

日本碳中和战略与政策体系概述(日本の脱炭素戦略と政策体系)

中国地方政府における科学技術政策若手公務員(140人前後)を対象に、オンライン・トレーニングを実施。日本の脱炭素戦略について体系的にレクチャー。3時間ほどのプログラム。

プレゼンテーション
SPEED研究会:2022年度 第4回研究会
著者:

日時:2022年10月7日(金)13:00~17:10
場所:アルカディア市ヶ谷4階「飛鳥」、オンライン併用開催

13:00 – 13:05      開会挨拶   伊坪徳宏  (SPEED研究会会長/東京都市大学)
13:05 – 14:05 「企業における生物多様性の主流化のための環境省の取り組み」オンライン
朽網 道徳 (環境省 自然環境局 自然環境計画課 生物多様性主流化室 室長補佐)
14:05 – 14:15         -休 憩-
14:15 – 15:15 「新冷戦下における東アジアのエネルギー安全を考える」会場 
金 振(地球環境戦略機関 気候変動とエネルギー領域 研究マネージャー/主任研究員)
15:15 – 15:25         -休 憩-
...

プレゼンテーション
2022年 脱炭素発展清华大学气候院沙龙
著者:

中国清華大学・気候変動研究員の教授、専門家、博士課程院生など40名前後の聴講者に対し、中国語にて日本の気候変動政策の枠組みについて解説。所要時間は2時間、オンラインにて実施。

キーワード:
プレゼンテーション
IGES 気候変動ウェビナーシリーズ
著者:

韓国は2015年に全国排出量取引制度を導入し、2021年からは第3フェーズ(2021-2025年)を運用しています。
第3フェーズでは、対象事業者は684社に拡大し、2021年の年間取引量は過去最大(5415万トン/年)でした。取引価格は4万ウォン/トンを記録した2020年3月以降、落ち着きを取り戻しつつありますが、政策動向やマーケット心理などの影響によって価格の変動幅が大きくなる現象も見受けられます。本ウェビナーでは、全国排出量取引制度のこれまでの歩みをおさらいしながら、ユン政権の政策方針との関係や今後の展望についてIGES研究員が解説しました。

その他アーティクル
国際開発ジャーナル所収
著者:

国際開発ジャーナル編集員よりロングインタビューを受け、同雑誌の記者・三澤一孔氏が聞き手として作成した単独インタビュー記事(2ページ)。中国の気候変動戦略・再エネ戦略を基点に、国際情勢の動きをレビュー。

 

プレゼンテーション
第13回RIEFオンライン勉強会(通算38回)
著者:

1年を迎えた中国の全国排出量取引制度の義務履行の状況、EUや韓国のETSと比較した価格レベルなどについて分析したほか、中国の再エネ戦略と中国ETSとの関係性について展望。

ブックチャプター
著者:

 世界経済の成長センターとなってきた東アジアが様々なリスクにさらされています。緊張が高まる台湾海峡や朝鮮半島といった伝統的な安全保障リスクだけではありません。中国の台頭などによるパワーシフトと戦後の国際秩序の揺らぎが地政学的リスクを増大させ、「新冷戦」とも称される米中の大国間競争の影響が地域の経済や産業、科学技術、文化、教育など多方面に及び始めています。米ソの冷戦の最前線が欧州だったのに対し、「新冷戦」の最前線は東アジアだとの見方があります。
 この地域の著しい技術革新や産業経済の発展自体も新たなリスクをもたらしています。人工知能(AI)などのデジタル技術の発展はさらなる経済成長のエンジンとなる一方、人々の想像を超えて、経済社会の在り方そのものを変える可能性があります...

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。