解説シリーズ

第1弾:どうしてSDGsって重要なの?

SDGsの国際議論が活発化する中、SDGsってなぜ重要なの?どうやって実施していくの?という声に答えるべく、SDGsの策定が決まった2012年のリオ+20以降、研究に携わってきたIGES 森 秀行所長が解説しました。

H.Mori


SDGsの策定に至る背景を教えてください。なぜSDGsに注目すべきなのでしょうか。

森:

2012年のリオ+20の具体的な成果として南米グループ(コロンビア・グアテマラ・ペルー)が発案し合意に至ったものである。これについて否定的な見解もあるが、私は、これまで持続可能な開発の定義が広範かつ目標が定量的でなかったため、一体何に向かってどう進めていけばよいのかという明確な指針がなかったところ、今回のようにSDGsという目標が定まれば一定程度の方向性が示せるため重要だと思う。

例えば、国際条約の制定後に、具体的な数値目標を各国が定めるなどの動きがあるオゾン層や気候変動に関連する国際環境条約も最初はこれらの課題の重要性について共通認識を図る原則合意に基づくものだった。ただし、それだけでは対策は進まず、結局モントリオール議定書や京都議定書の策定により、具体的かつ定量的な目標と実効性を担保できるものができて進展したと理解している。従って、SDGsも持続可能な開発に向けて具体的な対策を進めるための重要なステップになりうると考えている。

 

SDGsは自主目標であり、国際環境条約のように法的拘束力がありませんが、この違いについてはいかがでしょうか。

森:

必ずしも法的拘束力のある国際条約だけが有効であるとは限らない。最近では、従来のやり方を変えて、来年COP21で各国がCO2削減の自主目標を出すように、各国がそれぞれの事情に応じて行動できる仕組みを作るようになってきている。法的拘束力がないMDGsやSDGs目標についても、どういう目標や仕組みを作ったら実効性が担保できるのか、また、前進させることができるのかを考えていく必要があると思う。様々なステークホルダーがやる気を出せるような目標を作ることが重要だと思う。

series01_mori

MDGsの時も、目標によって達成度が高いものとそうでないものとある。例えば、教育目標はUNESCOやUNICEF、保健目標はGAVIなどの主導で啓発活動が行われ資金動員やステークホルダーの活動も活発になったことにより実施も進んだと言われている。他方、環境目標の達成度が低いとされているのはこうした主導機関がなく、当時環境問題があまり認識されていなかったため、議論する場も作れなかったことなどが原因であるかもしれない。貧困、飢餓、健康などの社会問題は、目に見える緊急性のある問題であるため認識もしやすく行動にも繋がるが、気候変動等の環境問題は目に見えないため認識しにくく行動しても結果が見えにくい。歯痛などの急性の疾患には素早く対応するが、高血圧のような慢性病に対しては、そうでもない。個人の行動と良く似ているのかもしれない。

 

では、SDGsを実施する時にどういった課題があり、実施を促進するためにはどうすれば良いと思いますか。

森:

国ごとの優先課題が異なるため、各国で一度それぞれの課題を整理し、実施体制をしっかり構築すること、また、持続可能な開発に関る行動指針やシナリオを国の機関に限らず地方自治体や企業などあらゆる組織・制度の中に規範として埋めていくことが重要だと思う。こうすることにより、徐々にでも、人の考え方が変わり、長期的な行動につながり、着実に前に進むことができると思う。特に、資本主義システムの中では、国の政策に頼らずとも、製品やサービスがより便利なもの、有用なものへと進歩、変化するので、持続可能な開発に向けた方向性を明らかにすることで世の中はより良い方向に変わっていく可能性はある。日本国内でも、エコカーの普及や省エネ活動の活発化など、社会全体が気候変動対策を意識するようになってきている。

特にSDGsでは、目標を市民が自分のこととして感じることができれば、個人のアクションが増えると思う。環境面では、個人の行動に繋げるという意味で、持続可能な消費と生産(SCP)に注目している。これに関しては、国際的に10年枠組が合意され、企業や個人、コミュニティのライフスタイルに関る活動も考えられるため、着実に展開していく可能性がある。例えば、エネルギー目標でも「世界規模でエネルギー由来のCO2排出量を半減させる」という目標は個人から見ると何をしたら良いのか分からないが、家庭でのエネルギー供給源を再生可能なエネルギーに選択していくような目標が認定され、そのようなオプションが提供されれば、少しずつでも再生可能なエネルギーを選ぶ人が増えていくと思う。

 

最後に、2015年のSDGs策定に向けて、日本のステークホルダーに期待することなどがあれば教えてください。

森:

日本の基本的なライフスタイルは世界に誇れるものがあると思う。米国などと比較すると、住居面積は小さく、食料摂取量も少ない。また、公共交通機関を多く使い、もったいない思想など、日々の生活スタイルからの環境への負荷は比較的少ない。私たちが、知恵をもっと世界に発信していくことが新しい動きを世界に広げていくきっかけになれるのではないかと考えている。

 

 

解説シリーズ

関連出版物

ポリシーレポート
一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)および公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES=アイジェス)は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」について、日本企業の取り組み実態に関する最新の調査結果をとりまとめた、SDGs日本企業調査レポート2019年度版「ESG時代におけるSDGsとビジネス~日本における企業・団体の取組み現場から~」を3月5日(木)に発刊しました。 4年目となる今回のレポートでは、GCNJ会員(335企業・団体)へのアンケート調査結果と金融機関・事業会社へのヒアリング結果をもとに、GCNJ会員のSDGsに関する認知度や取り組み状況の経年変化を分析しています。また、新しい経営戦略のひとつとして注目を集めているESG(企業経営における環境...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
Global Reporting Initiative
UN Principles for Responsible Investment
United Nations Global Compact
~概要より~ 企業が関連するSDGsデータを投資家に提供することで、投資家が情報に基づく決定を行い、直接的な資本が実社会に正のインパクトを与える投資へと振り向けることができる。 SDGsの達成は大きなビジネス機会をもたらしうるが、逆もまた然りである。SDGsのゴールに到達しない場合、企業とその財務、ひいては投資家の財務リターンに大きな負の帰結をもたらす可能性がある。 そのため投資家は、関連の深さ、規模、期間、割合を含め、SDGsのターゲットへの貢献に企業が及ぼす(実際的および潜在的な)正・負の影響、企業のSDGsに対する追加的な貢献、そして予想とは異なる影響がもたらされる可能性について知る必要がある。このようなデータは信頼でき、高品質でステークホルダーとの対話に基づくものでなければならない...
キーワード:
ポリシーレポート
著者:
United Nations Global Compact
Global Reporting Initiative
~序文より~ いまこそ、サステナビリティ報告を次のレベルに引き上げる時です。SDGsは、企業の透明性と説明責任を促進します。SDGsを企業報告に統合するためのこの実践的なガイドによって、私たちは、あらゆる国のすべての企業が世界で最も緊急の問題に取り組むことを支援したいと考えています。本ガイドは、SDGsに対する活動やプログラムを単にマッピングするだけの現在の傾向を超えて、企業が変化を起こす方向に向かうことを後押しするでしょう。 本ガイドの内容は、ビジネスと人権に関する国連指導原則、国連グローバル・コンパクトの10原則、GRI(グローバル・レポーティング・イニシアチブ)の報告枠組みに沿っています。本ガイドは、企業が関連するSDGsのターゲットを特定し、優先順位をつけ、行動を起こし...
データ/ツール
Sustainable Development Goals (SDGs) and the targets interact with each other in an indivisible way. On the one hand, achieving one goal or target may contribute to achieving other goals or targets. For example, enhanced food security (Goal 2) will reinforce poverty eradication (Goal 1). On the other hand, the pursuit of one target may conflict...
ポリシーレポート
著者:
World Business Council For Sustainable Development
IGESは、一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)との共同により、持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)作成の「人権に関するCEOガイド」の日本語翻訳版を発行しました。 本ガイドは、企業が人権問題に取り組むことの重要性やCEOのための行動のポイントを解説するものです。公害や気候変動問題に代表されるように、環境問題によって引き起こされる人権問題が多くあります。また、資源調達においては、児童労働や強制労働といった人権問題と森林破壊といった環境問題が同時に発生することも少なくありません。人権問題への対処および環境問題と人権問題の統合的解決に向け、ぜひ多くの企業の皆様に本ガイドを活用いただければ幸いです。
委託報告書
著者:
環境省
2018年4月に閣議決定された第5次環境基本計画において、「地域循環共生圏」の概念が提唱されました。「地域循環共生圏」とは、各地域が美しい自然景観等の地域資源を最大限活用しながら自立・分散型の社会を形成しつつ、それぞれの地域の特性に応じて、他地域と資源を補完し支え合うことにより、地域の活力が最大限に発揮されることを目指す考え方です。本事例集では、他の国や国際社会に参考となるような地域循環共生圏に関する日本の16の先進的取組を紹介することで、世界の各地で地域循環共生圏を創造する取組を後押しすることを目的としています。 本書のダウンロードはこちら(PDF) https://www.env.go.jp/policy/chiikijunkan/pdf/jirei_jp.pdf