地球環境戦略研究機関(IGES)

614件中 1~10件目を表示中 (日付順)
事業報告

The Integrative Strategic Research Programme for the 8th Phase (ISRP8) is a four-year programme for IGES to implement from July 2021 to June 2025. It was initiated by an internal process within IGES in February 2020 and developed through deliberations by the IGES Boards of Directors and Trustees (BOD/BOT) in 2020-2021. A draft of the Major...

他機関出版物の翻訳
著者:
Future Earth
The Earth League
World Climate Research Programme

気候変動に関する最新かつ重要な科学的知見をまとめたFuture Earth、The Earth League、World Climate Research Programme(世界気候研究計画)による報告書「10 New Insights in Climate Science 2020」の日本語翻訳版。2017年より毎年刊行され、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国会議(COP)にあわせて公開されている。

今回の2020年版には21カ国から57名の専門家が参画し、野心的な排出削減、永久凍土の融解、森林伐採、水危機、メンタルヘルスとの関係、COVID-19の影響、都市の電化、気候訴訟等、広範なテーマに知見を提供し...

プロシーディングス
Science-Policy Dialogue in Oceania on the IPBES Asia-Pacific Regional Assessment
著者:
Asia-Pacific Network for Global Change Research (APN)

The purpose of the Oceania Sub-regional dialogue was to facilitate understanding of the findings of the Assessment, including policy options to mitigate the deterioration of biodiversity and ecosystems in the region. The feedback from delegates relating to the effectiveness and uptake of the IPBES Assessment include: low visibility of the...

プロシーディングス
Science-Policy Dialogue for South Asia and West Asia subregion on the IPBES Asia-Pacific Regional Assessment
著者:
Asia-Pacific Network for Global Change Research (APN)

From 27-28 February 2019, in Kathmandu, Nepal, a subregional science-policy dialogue for South Asia and West Asia on the IPBES Asia-Pacific Regional Assessment was held in Park Village Hotel, Kathmandu, Nepal, as a part of the “Capacity Building Project for the Implementation of IPBES Asia-Pacific Regional Assessment” funded by the Japan...

プロシーディングス
Science-Policy Dialogue for South-East Asia and North-East Asia on the IPBES Asia-Pacific Regional Assessment

A subregional biodiversity science-policy dialogue workshop for South-East Asia and North-East Asia was held at the Anantara Riverside Bangkok Resort, Bangkok, Thailand from 21-23 October 2019. The workshop formed part of the “Capacity Building Project for the Implementation of IPBES Asia-Pacific Regional Assessment”, funded by the Japan...

他機関出版物の翻訳
著者:
Jacobs
Michael
Laybourn-Langton
Laurie
Davies
Michael
Palmer
Ronan

RECOVERING BETTER:
A GREEN, EQUITABLE AND RESILIENT RECOVERY FROM CORONAVIRUS

注:本ブリーフィングノートは「より良い状態への回復」の促進を⽬的とする政策やコミュニケーション、提⾔活動の⽀援を⾏う欧州気候基⾦(European Climate Foundation・ ECF)のために作成されたものであり、先進⼯業国に焦点を絞っている。あくまでも分析と論点の枠組みの提⽰を試みるものであり、決定的または包括的な意⾒を述べるものではない。いくつかの要素は状況が刻々と変化するなかで早くも意味をなさなくなる可能性がある。国や制度の個別事情に応じて、⾃由に内容を調整のうえ活⽤されたい。
本紙は...
広報物
著者:
Earth League

私たちは現在、地球の生命維持システムの行方を間違いなく左右するであろう社会・環境システムの二つのティッピング・ポイント(転換点)に近づきつつある。そのような中、世界中の若者たちが迅速かつ協調的な気候行動に向けて立ち上がっている。アントニオ・グテーレス国連事務総長が気候変動対策の「頂点を目指す競争」である気候行動サミット(ニューヨーク)に各国首脳を招請する直前の9月20日、若者たちによるグローバル気候マーチが行われる。彼らの求める持続可能性に向けた社会の転換がすぐにでも実現しなければ、地球上の生命の安定を脅かす地球システムにおける複数のティッピング・ポイントを超えてしまうおそれがある。

人間の活動の圧力により地球システムの構成要素が危機的なティッピング...

お探しのプロジェクトは見つかりませんでした。