climate change

13件中 1~10件 (日付順)
ブリーフィングノート

 2022年11月、エジプト・シャルムエルシェイクで開催された気候変動枠組条約(UNFCCC)第27回締約国会議(COP27)において、第1回グローバル・ストックテイク(GST)の第2回技術的対話と交渉会合が開催された。

 2022年6月に実施された第1回技術的対話ではパリ協定の実施におけるギャップや課題が多く特定された。第2回技術的対話ではこうしたギャップや課題はどのように埋められるかが議論の焦点であった。交渉会合では2023年のCOP28で実施される「成果物の検討」フェーズに向けた準備に関する議論に注目が集り、2023年に2回の追加会合を実施することが合意された。

 IGESはGST成功の鍵の1つとして非政府アクターのGSTへの関与の重要性を強調してきた...

他機関出版物の翻訳
著者:
国連経済社会局(UNDESA))
国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局

「第3回パリ協定と持続可能な開発のための2030アジェンダの相乗効果の強化に関する国際会議」の会議サマリー。13の項目にわたり、主要メッセージや今後の方向性を記載している。

査読付論文
Science Advances所収
著者:
Jaureguiberry
Pedro
Titeux
Nicolas
Wiemers
Martin
Bowler
Diana
Coscieme
Luca
Golden
Abigail
Guerra
Carlos
Jacob
Ute
Settele
Josef
Diaz
Sandra
Molnar
Zsolt
Purvis
Andy

Effective policies to halt biodiversity loss require knowing which anthropogenic drivers are the most important direct causes. Whereas previous knowledge has been limited in scope and rigor, here we statistically synthesize empirical comparisons of recent driver impacts found through a wide-ranging review. We show that land/sea use change has been...

査読付論文
Sustainability所収

The global demand for plastic is expected to double in the next 20 years. The increasing demand for Single-Use Plastic Products (SUPPs) has become one of the main environmental problems in many developing countries, including Sri Lanka, through direct and indirect means, in the way of excessive consumption and the pollution of the environment...

ブリーフィングノート

 2022年6月、ドイツ・ボンで開催された国連気候変動枠条約(UNFCCC)第56回補助機関会合(SB56)において、まだ一部手探りの状態ではあったが、第1回グローバルストックテイク(GST)の第1回技術的対話が実施された。パリ協定の下で実施される各国の行動・支援は、世界全体で見て長期目標の達成に足りているのか。足りない場合、いかに各国の目標引き上げにつなげられるか。この重要な問いに答えるべく1回目の技術的対話が予定の通り実施されたことは歓迎すべきである。 

査読付論文
Journal of Environmental Information Science所収
著者:
SHIMIZU
Noriko
IKEGAMI
Masako

This study intends to identify conditions that determine the characteristics of donors who allocate a larger share of Official Development Assistance (ODA) to climate change mitigation (mitigation ODA) following the adoption of the Paris Agreement. The study uses fuzzy-set qualitative comparative analysis (fsQCA) which allows us to examine...

ブックチャプター
China's Carbon-Energy Policy and Asia's Energy Transition: Carbon Leakage, Relocation and Halos所収

India has an ambitious renewable energy target for the decades ahead. However, the targets are faced with two critical impediments: (1) the lack of an internationally competitive renewable equipment manufacturing industry domestically and (2) the overdependency on external supply sources for equipment and machinery. The chapter finds that, despite...

ブリーフィングノート

英国・グラスゴーで開催された国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)は、1日延長の上無事に合意文書を採択し、閉会した。英国は議長国として、気候変動の影響に対して脆弱な国々の適応とレジリエンス強化を優先課題の一つとして位置づけ、適応に関連する様々なイニシアティブを立ち上げてきたが、本会合においても適応に関わる議題が多く議論された。成果文書である「グラスゴー気候合意(Glasgow Climate Pact)」においては、途上国が気候変動に対する適応能力を高め、レジリエンスの強化と脆弱性の低減を実現するために、資金、能力強化、技術移転を含む行動と支援の規模を拡大することの緊急性が強調された。本稿では、COP26およびパリ協定第3回締約国会合(CMA3...

ディスカッションペーパー

Integrating climate actions and the SDGs poses some major governance-related challenges, in the forms of horizontal integration across different governmental agencies and vertical interactions among different levels of administrative decision making, while at the same time ensuring effective participation of relevant stakeholders in the...

ファクトシート
著者:
Myasoedov
Fedor
In Japan, over 460 municipalities, so-called “Zero Carbon Cities” along with the national government have committed to reduce carbon dioxide emissions to net zero by 2050. It aims to create ”domino effect”, in which the best performing Zero Carbon Cities knock down other municipalities to turn the whole country to be carbon neutral. Goto City, a...