横浜市資源リサイクル事業協同組合(横浜市)

 

責任ある消費と生産
質の高い教育
気候アクション

 

子供の提案に背中を押された! 地産地消×地域循環をリユースびんが繋ぐ

 

物流面も含めたコスト、容器改革、ライフスタイルの変化などにより、 圧倒的にリユースびんの数は減っています。地域の酒屋さんの数 も減り、ビールびんや一升びんを回収する文化はなくなりつつあり ますが、その価値を事業者としても再認識させられたのが環境絵日 記を通しての小学生の提案でした。組合では、地域経済の活性化 や、循環型社会の実現を目指し、独自のリユースびんを開発、飲 料を販売、使用後のびんを回収、洗浄し、再び中身を充填するリ ユースの仕組みを構築しました。地域でリユースの仕組みを回す ことにより、運搬の距離や手間が省け、環境負荷も減ります。

09_1

中身となるジュースは「地産地消」と「地域循環」をコンセプトとして選定し、販売できない、摘果された早摘みみかんなどを使用、子どもの提案から大人のライフスタイルを変え、生産者と消費者を「リユースびんがバトンとなって繋ぐ」多面的な事業として成長しています。

09_2

 

ガイドブックのPDF版は以下よりご覧ください。
「 事例から学ぶ 中小企業のための かながわSDGsガイドブック」(PDF、1.1MB)

 

神奈川県中小企業によるSDGs活用事例集TOP