ほうとくエネルギー(小田原市)

 

 

地域の企業と市民による再エネ普及で安全で安心な地域をつくり、未来につなぐ

 

ほうとくエネルギーは、2011年の東日本大震災の際の計画停電や放射性物質が検出された足柄茶の出荷停止などに、危機感を感じた地元企業や市民の出資や寄付で生まれ、運営されている地域エネルギー会社です。小田原メガソーラー市民発電所、屋根貸し太陽光発電などによる、地域自律の再生エネルギー発電を通じて、より安心で安全な地域づくりを目指すともに、地球温暖化の防止にも貢献しています。また、売電で得た利益は、出資者に還元するほか、防災拠点となっている小学校への蓄電池の寄贈、環境ツアーやセミナーの開催などを通して地元に還元されています。また、エネルギーの地産地消の仕組みを進めることで、地域で資金が循環し、地域を活性化し、将来世代につないでいくことが期待されています。

 

ガイドブックのPDF版は以下よりご覧ください。
「 事例から学ぶ 中小企業のための かながわSDGsガイドブック」(PDF、1.1MB)

 

神奈川県中小企業によるSDGs活用事例集TOP