モトスミ・ブレーメン通り商店街

 

 

商店街から人と環境にやさしい まちづくり

 

モトスミ・ブレーメン通り商店街は、全長550メートル、加盟店約180店舗が集まる商店街です。ドイツのブレーメン市にあるロイドパサージュ(商店街)とは、約30年間の交流を続けてきました。ブレーメンらしさと統一感ある街並みを形成しつつ、「神奈川子ども未来ファンド」への寄付や、各店舗が何か一つ環境によい取組みをする「一店一エコ運動」などを推進。普段から買い物に来てくれる地域のお客様と、加盟店舗の両方の利益につながるポイントシステム「ブレカ」を導入し、商店街の発展につなげています。商店街のコンセプトと機能する商店街事務局があることで、個別の店舗にはできない面的な取組みができ、人と環境に優しい、持続可能な街づくりが実践されています。

 

ガイドブックのPDF版は以下よりご覧ください。
「 事例から学ぶ 中小企業のための かながわSDGsガイドブック」(PDF、1.1MB)

 

神奈川県中小企業によるSDGs活用事例集TOP