気候変動ウェビナーシリーズ

自主的炭素市場拡大タスクフォース等に関する動向

4月16日14:00-15:00

昨年10月末の菅首相による「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」との発表を受け、企業・自治体などの脱炭素に向けた動きが加速しています。国外においても、米国、EU、中国、韓国など多くの国がカーボンニュートラルを発表するなど動きが活発化しています。こうした背景のもと、企業や自治体の実務担当者向けとして、炭素市場に関する最新の国内外の情報をご提供します。第1回目は「自主的炭素市場拡大タスクフォース等に関する動向」について解説します。自主的炭素市場のオフセットの動向や、ネットゼロを発表した国内外の企業のオフセットの取組事例、また、投資家や非政府主体のオフセットに対する考え方などについても説明します。

イベントの詳細

日付
4月16日14:00-15:00
会場

オンライン

言語
日本語
コンタクト

公益財団法人地球環境戦略研究機関

戦略マネージメントオフィス

[email protected]

発表資料

イベントの詳細

日付
4月16日14:00-15:00
会場

オンライン

言語
日本語
コンタクト

公益財団法人地球環境戦略研究機関

戦略マネージメントオフィス

[email protected]


プログラム

自主的炭素市場拡大タスクフォース等に関する動向

司会進行: 田口 達 気候変動とエネルギー領域 研究員

14:00 - 14:30
高橋 健太郎
公益財団法人地球環境戦略研究機関
気候変動とエネルギー領域
プログラムマネージャー
14:30 - 15:00 質疑応答   質問と回答

録画映像