フューチャー・アース報告書 日本語訳公開記念!

日本の脱炭素化を考えるための世界の科学者からの、気候変動10の最新メッセージ

2021年6月9日(水) 15:00-17:00(日本時間)
Event Banner

気候変動に関する最新かつ重要な科学的知見をまとめたFuture Earth、The Earth League、World Climate Research Programme(世界気候研究計画)による報告書「10 New Insights in Climate Science 2020」の日本語翻訳版が公開されました。IGESはThe Earth Leagueの一員として英語オリジナル版の準備過程に貢献すると同時に、Future Earth日本ハブによる本日本語版の作成に協力しました。この日本語版の出版を記念し、オンラインセミナーを開催します。本報告書の内容をご説明し、専門家によるプレゼンテーションとパネルディスカッションを通して、気候変動の”今” と"これから”、そして、日本の脱炭素化について考えます。

イベントの詳細

日付
2021年6月9日(水) 15:00-17:00(日本時間)
会場

オンライン

主催
グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)
フューチャー・アース日本ハブ
言語
日本語
アジェンダ
コンタクト

発表資料

15:00 イベントの説明 【司会進行】江守 正多(国立環境研究所 地球システム副領域長/連携推進部 社会対話・協働推進室長)  
15:03 開会挨拶 三枝 信子(国立環境研究所 地球システム領域長)  
15:05   フューチャー・アースの活動と「気候変動について今伝えたい、10の重要なメッセ ージ2020」の紹介
春日 文子(国立環境研究所 特任フェロー/フューチャー・アース国際事務局日本ハブ 事務局長)
 
グローバル・カーボン・プロジェクト(GCP)の活動と2020年に発表した温室効果ガス収支報告の紹介
白井 知子(国立環境研究所 地球システム領域 地球環境データ統合解析推進室長/GCP国際オフィス代表)
 
15:17   「2050年カーボンニュートラルに向けた日本の気候変動対策」
和田 憲拓(環境省脱炭素社会移行推進室 室長補佐)
 
15:31   「2050年に日本で脱炭素社会を実現するために」
増井 利彦(国立環境研究所 社会システム領域 脱炭素対策評価研究室長)
 
15:45   「観測とモデルで診る温室効果ガスの収支」
丹羽 洋介(国立環境研究所 地球システム領域 物質循環モデリング・解析研究室主任研究員)
 
15:59   「気候危機は他の多くの危機とつながっている」
渡辺 知保(長崎大学 熱帯医学・グローバルヘルス研究科(TMGH)教授・学長特別補佐)
 
16:13   「コロナ禍・気候変動と新しい社会契約」
森 秀行(公益財団法人地球環境戦略研究機関 特別政策アドバイザー)
 
16:30 パネルディスカッション モデレーター:江守 正多  
パネリスト:講演者全員  
17:00 閉会    

関連出版物

他機関出版物の翻訳
著者:
Future Earth
The Earth League
World Climate Research Programme

気候変動に関する最新かつ重要な科学的知見をまとめたFuture Earth、The Earth League、World Climate Research Programme(世界気候研究計画)による報告書「10 New Insights in Climate Science 2020」の日本語翻訳版。2017年より毎年刊行され、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国会議(COP)にあわせて公開されている。

今回の2020年版には21カ国から57名の専門家が参画し、野心的な排出削減、永久凍土の融解、森林伐採、水危機、メンタルヘルスとの関係、COVID-19の影響、都市の電化、気候訴訟等、広範なテーマに知見を提供し...