「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」

2019年5月11日(土)10:30~18:00

IGESは、京都市、イクレイ日本、環境省、などと共催で「IPCC第49回総会京都市開催記念シンポジウム 脱炭素社会の実現に向けて~世界の動向と京都の挑戦~」を開催します。

2019年5月の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第49回総会の京都市開催を記念して開催される本シンポジウムでは、昨年秋に発刊されたIPCC1.5℃特別報告書とそれを巡る世界と日本の状況について議論し、京都が目指す温室効果ガス排出ゼロに向けた取り組みについて考えます。

IGESがコーディネートするパネルディスカッション1ではIPCC第3作業部会共同議長らを迎え、IPCC1.5℃特別報告書を踏まえて加速する脱炭素社会の実現に向けた世界の動きと、日本が直面する課題に迫ります。

イベントの詳細

日付
2019年5月11日(土)10:30~18:00
会場

国立京都国際会館 アネックスホール  アクセス

主催
京都市
言語
日本語・英語(同時通訳付き)
(Simultaneous interpretation)
アジェンダ
関連リンク
コンタクト

京都市
環境政策局地球温暖化対策室

TEL: 075-222-4555
FAX: 075-211-9286

 

IGES 戦略マネージメント オフィス セミナー事務局

〒240-0115 神奈川県三浦郡葉山町上山口2108-11
Tel: 046-855-3720
Fax: 046-855-3809
E-mail: [email protected]
»アクセス

発表資料

10:30 - 12:00

主催者挨拶
門川 大作 京都市長 ほか

特別講演
安成 哲三 総合地球環境学研究所所長
13:00 - 15:50 挨拶
環境省

パネルディスカッション1
世界の動きと日本の脱炭素化に向けたゆくえ ~ 1.5 度特別報告書を受けて~
IPCC1.5 度特別報告書を踏まえた世界の動きと、脱炭素社会実現の道筋について議論します。

(ファシリテーター)
石川 智子 地球環境戦略研究機関 ナレッジマネージメント・連携担当ディレクター

(パネリスト)
環境省(予定)
IPCC第3作業部会共同議長(予定)
江守 正多 国立環境研究所 地球環境研究センター 副センター長
田村 堅太郎 地球環境戦略研究機関 気候変動とエネルギー領域研究リーダー

 

パネルディスカッション 2 
京都の挑戦~プロジェクト”0”への道~

脱炭素社会の実現に向けた京都における取組や可能性を議論します。

(ファシリテーター)
新川 達郎 京のアジェンダ21 フォーラム代表・同志社大学大学院教授

(パネリスト)
山極 壽一 京都大学総長
西本 清一 京都市産業技術研究所理事長・京都高度技術研究所理事長
門川 大作 京都市長

 

クロージングセッション

(登壇者)
安成 哲三 総合地球環境学研究所所長
浜中 裕徳 イクレイ日本理事長
高月 紘 京都市環境保全活動推進協会理事長
門川 大作 京都市長 ほか

16:00 - 18:00 京都大学総長と若手研究者による座談会