G20における天然資源の使用: 現況、トレンド、そして解決策―日本(日本語翻訳版)

他機関出版物の翻訳

国際資源パネル(IRP)作成の本ファクトシートは、日本で開催された2019年G20資源効率性対話(G20 Resource Efficiency Dialogue 2019)への貢献として、日本国環境省およびIGESとの協力の下、「世界資源アウトルック2019:我々が求める未来のための天然資源("Global Resources Outlook 2019: Natural Resources for the Future We Want")」報告書のために実施した研究に基づき作成されました。本翻訳は、G20各国(EUを含む)分あるファクトシートのうち日本を対象とした分析を翻訳したものです。

(2020年7月8日修正版差し替え:p.3の一部訳を修正。『 木材輸入は肉牛に続く土地利用関連の生物多様性の消失の主な原因である。→木材輸入は土地利用関連の生物多様性の消失の主な原因であり、肉牛がそれに続く。』)

著者:
International Resource Panel
日付: