地球環境戦略研究機関

1985件中 1~10件 (日付順)
データ/ツール
This dataset contains supplementary materials for a journal article entitled "Potential of agrivoltaics in ASEAN considering a scenario where agroforestry expansion is also pursued" (Johnson et al., 2024). The dataset contains maps (polygon shapefiles) of the geographic potential of agrivoltaics on herbaceous croplands in each of the ten ASEAN...
リサーチレポート
The 2030 Agenda for Sustainable Development and its 17 Sustainable Development Goals (SDGs) provide a blueprint for achieving social, economic and environmental sustainability. However, at the midpoint of its implementation period (which runs from 2015 to 2030), progress has been insufficient due to crises such as climate-related disasters, the...
キーワード:
ワーキングペーパー
気候に起因する不公正は、将来のネット・ゼロへの移行に伴う重大な経済的・社会的懸念事項であり、グローバルおよび国内の環境政策がより持続可能で社会的に公正であることが求められている。政策立案者が、ネット・ゼロへの移行を公正なものにするためにどのような政策を展開すべきかをイメージしやすくするため、本稿では環境と気候正義のコンセプトについて概説する。且つ、アジアにおける構造的な条件や社会的な課題が国によって異なることを踏まえ、アジアにおける公正な移行のコンセプトの応用可能性について検討する。最後に、アジアにおける包摂的で公正かつレジリエントな社会の原則を中心とした多様な解決策を検討し、地域的・組織的協働による潜在的な実施の機会について論じる。(英語のみ)
ディスカッションペーパー
• デジタル・トランスフォーメーション(DX)とも呼ばれる高度なデジタル化の進展は、情報通信技術(ICT)によるエネルギー消費効率の改善、交通需要の回避や産業構造の変化によってエネルギー消費量を減少させる側面だけでなく、データセンター(DC)や情報通信機器の製造など情報通信部門における直接的なエネルギー消費量の増加や関連経済活動の拡大を促すことでエネルギー消費量を増加させる側面もある。1.5℃目標に日本がより大きな貢献を果たすための道筋を描いた「IGES 1.5℃ロードマップ」では、それらの複合的な効果をできるだけ踏まえた結果、デジタル化などの社会経済構造の変化 によるエネルギーの減少を戦略的に取り入れることが1.5℃目標の実現に重要な役割を果たすことを示した。 • 一方で...
プレゼンテーション
木材利用システム研究会月例研究会
森林リスク・コモディティのサプライチェーンマネージメントアプローチによる世界の森林減少抑制、というEUDRの目的は素晴らしく、国際的に波及の動き しかしその手法(e.g. 地理的位置情報の要求)は想定外の負の影響をおこすことも懸念されている。生産国側の反発も強い。 またそもそも、その手法は世界の森林減少抑制に効果を与える手法として効率的・効果的なのかという疑問も →日本政府が同様の政策を導入する際には十分な検討が必要 一方で一部の事業者、生産国政府はこれを機会ととらえ、着々とEUDR対応の準備を進めている。それをサポートするベンチャー/NGOの活動も盛ん。 日本の木材産業に関しては、EUへの輸出ではなく、EUからの輸入にトラブルが発生することが予想され...
他機関出版物の翻訳
著者:
United Nations
2023年9月のSDGサミットにあわせて国連が発表した「Global Sustainable Development Report 2023 "Times of Crisis, Times of Change: Science for Accelerating Transformations to Sustainable Development"」エグゼクティブ・サマリーの日本語暫定仮訳版。国連事務総長が任命する独立した専門家グループが既存の文献や情報、そして具体的な事例をもとにSDGsの進捗を評価し、課題ならびに持続可能な社会の実現に向けた解決策を提言するものです。今回の2023年版では、変革(transformation)をテーマに、科学と政策、そして社会との関係性に焦点を当てながら...
研修用教材
This template is for the Mutual Learning Program for Enhanced Transparency (MLP) exercises. It is for practicing reporting assumptions and methodologies for estimating GHG emission reductions of mitigation actions, policies and measures for implementing and achieving a Nationally Determined Contribution (NDC). The MLP exercsies aim to enhnace the...
研修用教材
This template is for the Mutual Learning Program for Enhanced Transparency (MLP) exercises. It is for practicing reporting of the information necessary to track progress made in implementing and achieving Nationally Determined Contributions (NDC) . The MLP exercsies aim to enhnace the understanding of reporting for the preperation of the Biennial...
研修用教材
This template is for the Mutual Learning Program for Enhanced Transparency (MLP) exercises. It is for practicing reporting mitigation actions, policies and measures for implementing and achieving a Nationally Determined Contribution (NDC). The MLP exercsies aim to enhnace the understanding of reporting for the preperation of the Biennial...
ディスカッションペーパー
著者:
Mehling
Michael
This paper conducts a comparative analysis of green industrial policy strategies recently advanced by the European Union (EU) and the United States (U.S.), and extends insights to the evolving policy landscape in Japan. Its analysis underscores how the European strategy is characterized by a systematic approach that balances emissions constraints...