持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング第12回会合およびSDGs推進本部円卓会議環境分科会の開催

11月9日(月)15:00~17:00

11月9日(月)に、持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング兼 SDGs推進本部円卓会議環境分科会をWEB形式で開催しました。
会合では、行政、地域企業等が連携した実践的で具体的な事例を紹介しつつ、SDGsの地域の根ざし方について、構成員・分科会委員を交えて議論を深めました。
なお、本会合の事務局は、環境省の推進する「ワーケーション」の取組の一つとして、SDGs未来都市にも選定された小田原市の協力を得て、同市内のワーケーションスペースにおいて対応しました。


開催趣旨

平成27年9月に採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」(2030アジェンダ)の中核をなす「持続可能な開発目標」(SDGs)は、2030年に向けて国際社会が目指す目標としての共通言語となり、世界はSDGs達成に向けた実施段階に入り、多くの取組が実践的に進められるようになりました。
ステークホルダーズ・ミーティングは、国際社会及び国内におけるSDGsの実施状況を共有するとともに、環境側面からのSDGsの取組を推進するために、民間企業や自治体、NGOなどの様々な立場から先行事例を共有して認め合い、更なる取組の弾みをつける場として平成28年度から開催しているものです。


概要

これまでの我が国のSDGs達成に向けた取組も全国に普及し、2050年排出実質ゼロに向けたうねりと相まって、様々な自治体や企業がSDGsを前面に押し出した取組を進めています。
ステークホルダーズ・ミーティングでは、国内外の最新動向を紹介するとともに、地域循環共生圏を含め、国内での一つの自治体の事例を通し、行政(自治体・省庁)・金融機関・地域企業等の連携事例を共有しつつ、SDGsの地域の根ざし方について、構成員・分科会委員を交えて議論を深めました。


議題

(1)SDGsに関する最新動向について
 ・環境省、関東地方環境事務所 ・外務省 ・内閣府

(2)SDGs達成に向けた、自治体、企業の取組等について
 ・神奈川県 ・小田原市 ・湘南電力 ・REXEV  
<登壇者・構成員・参加者を交えた意見交換> 


関連リンク

イベントの詳細

日付
11月9日(月)15:00~17:00
会場

オンライン(ZOOM)

主催
環境省、関東地方環境事務所
言語
日本語
コンタクト

SHM事務局(IGES 山下) 
E-mail: [email protected]

発表資料

  議事次第   PDF (67KB)
資料1 出席者リスト   PDF (170KB)
資料2 座席表   PDF (136KB)
資料3 発表資料 岡﨑 雄太 環境省大臣官房総合政策課企画評価・政策プロモーション室長 PDF (1.3MB)
資料4 発表資料 吉田 綾 外務省国際協力局地球規模課題総括課長 PDF (922KB)
資料5 発表資料 北廣 雅之 内閣府地方創生推進事務局参事官 PDF (3.5MB)
資料6 発表資料 永森 一暢 環境省関東地方環境事務所首席調査官 PDF (1.4MB)
資料7 発表資料 太田 裕子 神奈川県政策局SDGs推進担当部長 PDF (2.8MB)
資料8 発表資料 守屋 輝彦 小田原市長 PDF (2.4MB)
資料9 発表資料 鈴木 大介 湘南電力株式会社取締役 PDF (1.0MB)
資料10 発表資料 渡部 健 株式会社REXEV代表取締役社長 PDF (2.0MB)
参考資料1