低炭素社会実現のための都市間連携事業に関する研修(於:富山市2019年11月)

2019年11月27日(水)~ 29日(金)

2019年11月27日から29日にかけて、環境省および公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)の主催により、「低炭素社会実現のための都市間連携事業に関する研修」(Training on the City-to-City Collaboration for Creating Low-carbon Society)を富山市において開催しました。これは、環境省の「令和元年度 低炭素社会実現のための都市間連携プラットフォーム事業」の一貫として、「低炭素社会実現のための都市間連携事業」(以下、都市間連携事業)のさらなる普及と裾野の広がりを目的としたものです。都市間連携事業の豊かな経験を持つ富山市の協力のもと、国際協力に関心があるものの、都市間連携事業についての知見が不足している国内外の自治体や関係団体・企業等から約30名の参加がありました。

研修は、都市間連携事業の概要や仕組み、 申請方法等についての実務的なレクチャーから始まりました。 2日目は「低炭素な交通とコンパクトシティ」 をテーマにしたセッションで、参加者による取組・課題の発表、 その後、 富山市のコンパクトシティを実現する基盤となった路面電車( LRT) や都市間連携事業から本格実施の展開に成功した地元企業( インドネシア・ スラバヤ市に低炭素なハイブリッドバスを本格導入した北酸株式会 社)の視察を行いました。

研修の冒頭にはアイスブレークとして、「 持続可能な都市に大切な要素」 についてダイヤモンドランキング方式を用いて話し合い、 研修最後の振り返りには、レゴ・ ブロックを用いて個人およびグループの「低炭素な都市」を表現・ 可視化する演習を行いました。参加者からは、 多様な個人の考えを理解し、 低炭素都市に対する潜在的な意識を掘り起こせたと好評で、 充実した3日間の研修を終えました。



写真

1
2
3
4
5
6
001

イベントの詳細

日付
2019年11月27日(水)~ 29日(金)
会場

開催地: 富山市

協力
富山市
言語
日本語 / 英語(同時通訳)
(Simultaneous interpretation)
参加者
約30名
アジェンダ
コンタクト

IGES 北九州アーバンセンター
〒805-0062 福岡県北九州市八幡東区平野1-1-1 国際村交流センター3F
Tel: 093-681-1563
Fax: 093-681-1564
E-mail: [email protected]