co-firing

4件中 1~4件 (日付順)
その他アーティクル
著者:
Rich
Motoko
The world’s advanced economies have committed to phasing out coal over the next seven years. But not Japan, which stands alone insisting it can make coal less damaging to the planet. Nowhere is that more evident than at the nation’s largest coal-fired power plant in Hekinan, a small city in central Japan where 400,000 tons of jet-black piles are...
プレゼンテーション
著者:
2022年のG7ドイツサミットでは、石炭火力を単独にして最大の地球温暖化の原因であると共同宣言で述べている。 G7の中で唯一脱石炭を表明していない日本が、石炭火力存続の切り札にしているのがアンモニアとの混焼だ。 アンモニアは燃やしてもCO2を出さないため、石炭に混ぜて燃やせばCO2を削減できる。 そしてアンモニアを100%(専焼)にすれば、CO2を一切出さないゼロエミッション火力となる。 理論上はそうなるが、これにはいくつかの課題がある。 日本が2050年のカーボンニュートラルを達成するためには、こうした課題を克服していかなければならない。
コメンタリー
日本経済新聞
著者:
G7の中で日本だけが実質的な石炭火力廃止の年限を明らかにしていない。その日本が石炭火力延命の切り札とするのがアンモニア利用だ。石炭アンモニア混焼には主に4つの課題がある。11月にエジプトで開催のCOP27や来年のG7で、日本が脱石炭に向けた具体的道筋を示すことを期待したい。
キーワード:
プレゼンテーション
Deep Dive Series: "Red Alert for a Climate Change Disaster"
著者:
Rowley
Anthony
Japan is the only G7 nation that has not committed to phasing out coal-fired power stations – the biggest single contributor to greenhouse gas emissions, Takizawa said. Instead, it has promised only to phase out “inefficient” coal plants. Japan has said it will combine ammonia with coal to fuel power stations that will have lower greenhouse...