自然資源・生態系サービス

エコプロ展
「知っておきたい自然資本の世界潮流」セミナー

地球環境戦略研究機関(IGES)は、日経BP環境経営フォーラム(EMF)、コンサベーション・インターナショナル(CI)ジャパンと共同で、2017年12月8日(金)10:00~12:10にエコプロ展会議棟608号室で「知っておきたい自然資本の世界潮流」セミナーを開催します。

投資家の評価や企業の情報開示が、「気候変動」から水・大気・森林(土地利用)などの「自然資本」に向かっています。WBCSDが主導する「自然資本連合」(NCC)には、ネスレやコカ・コーラなど世界の主要企業が参加しており、昨年発表され た「自然資本プロトコル」に沿ったパイロット事業を進めています。ところが、残念なことに日本企業(事業会社)の参加はほとんどありません。NCCにはGRIやCDPなど重要な団体も協力していることを考えると、自然資本の定量評価や開示の世界動向をウォッチし、備えておくことが重要です。
11月27-28日には英エジンバラで自然資本に関する大きな国際会議「世界自然資本 フォーラム」が開催されます。その最新情報をいち早くお伝えし、世界の潮流を知る場として、「知っておきたい自然資本の世界潮流」セミナーを開催します。

日 時 2017年12月8日(金) 10:00~12:10
場 所 東京ビッグサイト会議棟 6階 608会議室 アクセス
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1 (エコプロ展の会場の会議棟になります。)
主 催 日経BP環境経営フォーラム(EMF)
コンサベーション・インターナショナル(CI)ジャパン
地球環境戦略研究機関(IGES)
お申し込み 日経BP環境経営フォーラム(EMF)
TEL 03-6811-8803 E-Mail: emf@nikkeibp.co.jp
定員に達した時点で締切とさせていただきます。
みなさまのお申し込み、ご参加を、心よりお待ちしております。
プログラム
10:00 挨拶「ESG情報開示が進む中、なぜ自然資本の情報開示が重要か」
日経エコロジー/日経BP環境経営フォーラム プロデューサー 藤田 香
10:05 「NCCは今なにを進めているか、その狙い」(仮)
自然資本連合(NCC)代表 マーク・ゴーフ ビデオメッセージ
「自然資本、社会資本の定量評価の意義」(仮)
GIST Advisory 代表 パバン・スクデフ ビデオメッセージ
10:10 「英エジンバラの世界自然資本フォーラムの最新報告」(仮)
コンサベーション・インターナショナル(CI)ジャパン 科学応用マネージャー 名取 洋司
地球環境戦略研究機関(IGES)自然資源・生態系サービス領域 研究員 松本 郁子
10:35 「自然資本と投資家の関心」(仮)
KPMGあずさサステナビリティ 代表取締役 斎藤 和彦
10:55 「海外企業の自然資本プロトコルの活用事例」(仮)
事例: シンガポールのオーラム・インターナショナル社, 米インターナショナル・ペーパー社
地球環境戦略研究機関(IGES)自然資源・生態系サービス領域 研究員 松本 郁子
11:20 「味の素が始めた自然資本プロトコルに基づく自然資本評価の事例」
味の素 グローバルコミュニケーション部 PR・CSRグループ マネージャー 中村 恵治
11:35 自然資本専門分科会、自然資本連合日本フォーラムの紹介
11:45 質疑応答

ページの先頭へ戻る