COP24報告セミナー 世界の潮流と日本のゆくえ ―さらに強まる2℃/1.5℃目標の実現に向けたコミットメントー 開催のお知らせ

2018年11月21日
プレスリリース

公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)は、12月26日(水)、東京・イイノホールにて、COP24報告セミナー「世界の潮流と日本のゆくえ―さらに強まる2℃/1.5℃目標の実現に向けたコミットメントー」を開催いたします。

12月2日から14日にかけて、ポーランド・カトヴィツェにて、国連気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)が開催されます。現地では「パリ協定ルールブックの採択」を目指して国際交渉が進むのと併せ、「パリ協定の目標実現に向けたモメンタムの維持・野心度の向上」のための様々な対話が予定されています。IGESも現地に職員を派遣し、交渉支援・最新情報の収集に加え、サイドイベントの開催などを通じて対話に参加いたします。

本セミナーでは、IGES研究員より、パリ協定ルールブックをめぐる国際交渉の要点をいち早く報告するとともに、10月に発表されたIPCC1.5℃特別報告書を受けた各国政府とノンステートアクターの動きをご紹介いたします。また、COP24に参加された日本の企業、自治体、NGOをお招きし、現地で得られた印象や知見、今後の取り組み、日本の長期戦略への期待などをお話いただきます。

詳細はお申込みサイトにてご確認ください。なお、IGESでは、COP24やIPCC1.5℃特別報告書について、以下の特集ページを新たに開設し、最新情報と関連するIGESの研究活動や成果をご紹介しています。どうぞ併せてご覧ください。

 

セミナーの開催概要はこちら