IGES-GFANZ共催ウェビナー

本邦金融機関の実際のネットゼロ移行計画の紹介

2023年12月20日(水) 16:00〜17:15(日本時間)
GFANZ

IGESはグラスゴー金融同盟(Glasgow Financial Alliance for Net Zero: GFANZ)*と協力し、国内の金融機関のネットゼロに対する理解を深め、ネットゼロ移行計画の策定を後押しすることを目的に、全3回のウェビナーを開催します。

第2回となる本ウェビナーでは、第1回ウェビナーの要点をご説明したうえで、みずほ銀行と第一生命のご担当者から実際の移行計画についてご紹介いただきます。各社の移行計画を、GFANZのフレームワークの各要素に沿って深く掘り下げ、その策定過程についても解説をいただきます。移行計画を策定していない金融機関の皆様にとって、自社で移行計画を策定にあたって何を、どのような考え方で作成すればいいのか、策定にあたってのヒントが得られる機会となります。また、本ウェビナーは、サステナビリティ関連の部署の方だけでなく、投融資に関わられる営業部門や審査部門等の方にも今後の実務の参考となる内容となっております。プレゼンテーションの後に質疑応答の場も設けておりますので、皆様是非ご参加ください。

  • 第1回(2023年10月12日): ネットゼロ移行計画(NZTP)入門編 (実施済:資料はこちら
  • 第2回(2023年12月20日): 本邦金融機関の実際のネットゼロ移行計画の紹介 (資料はこちら
  • 第3回(2024年2月予定): ネットゼロ移行計画の作り方―金融機関によるネットゼロ移行計画策定の経験共有

*GFANZ:2021年4月にイギリスのグラスゴーで開催されたCOP26で発足した世界最大の金融連合体。2050年までに世界の温室効果ガス排出量のネットゼロへの移行を加速し、地球温暖化を1.5度以下に抑えるというパリ協定の目標達成に向けた、金融機関およびその部門別連合による専門家主導のグローバル連合です。GFANZ日本支部は、2023年6月に設立され、国内の金融機関がネットゼロ移行計画を策定するための知識やベストプラクティスを共有し、ネットゼロ・エコノミーへの公正な移行に必要な政策や施策について各金融機関が関係省庁や提携企業と連携できるよう活動しています。

発表資料


プログラム

本邦金融機関の実際のネットゼロ移行計画の紹介
16:00 - 16:55森下 麻衣子IGES ファイナンスタスクフォース プログラムマネージャーPDF (637KB)
安井 友紀GFANZ アジア太平洋ネットワークマネージングディレクターPDF (1.1MB)
齊藤 尚愛みずほフィナンシャルグループ サステナビリティ企画部・参事役PDF (2.7MB)
星原 侑希General Manager, Senior Sustainability Specialist, Dai-ichi Life International (Europe) Ltd.PDF (1.6MB)
16:55 - 17:15 質疑応答