Aya WATARAI

Former Staff (from Jun 2009 - Mar 2013 )
Results 1 to 10 of 15 (Sorted by date)
Policy Report

MRV (Measurement:測定/Monitoring:モニタリング, Reporting:報告, Verification:検証)は一般に、温室効果ガスの排出量及びその変化を定量的に計る一連のプロセスである。MRVは排出の程度や排出削減を目指した取り組みの成果を把握するうえで、鍵となるツールである。多くの先進国及び開発途上国が温室効果ガス排出量や削減支援の効果測定ための手法を導入するに伴い、「MRV」は重要な用語となっている。しかし、MRVの厳密な意味の明確化、及びMRV実施例を体系的に文書化するといった作業はまだあまり行われていないというのが現状である。加えて、MRVの実施にあたっては、簡素化と厳密性の間にしばしばトレードオフが生じるという問題もある。本報告書は...

Commissioned Report

平成24年度 新メカニズムの構築に向けたアジア地域におけるMRV体制構築支援事業委託業務報告書 (2/8)インドネシア

Policy Report

MRV – Measurement/Monitoring, Reporting and Verification - is commonly understood as a series of processes to quantify GHG emission and their change over time. It is a key instrument to understand the level of emissions and the impact of actions aimed at changing emission levels. For this reason, MRV became a keyword as many developed and...

Presentation

低炭素街区群実現に向けた施策成立過程の変遷-北九州市を事例として-

日本環境共生学会
Policy Report

東日本大震災を受けてIGESが実施したIGES震災研究イニシアティブの成果をとりまとめた報告書「Lessons Learnt from the Triple Disaster in East Japan」の日本語概要版。「福島原発事故以降のエネルギー供給オプション」「東日本大震災における多様なステークホルダーの協力に関する考察」「東日本大震災の経験から考える効率的な節電対策」に焦点を当て、自然災害が頻発するアジアへの示唆となるような低炭素かつ気候変動の影響に対応可能で、災害に強い持続可能な社会の構築に向けた提言を行っている。

Remarks:

English full report: http://pub.iges.or.jp/modules/envirolib/view.php?docid...

Policy Report

This policy paper comprises a report on the outcomes of the Earthquake Research Initiative conducted by IGES following the Great East Japan Earthquake. It focuses on three themes: Post-Fukushima Energy Supply Options in Japan; Observation of Multi-stakeholder Collaboration in Northeast Japan Earthquake; and Effective Energy Saving Measures...

Presentation

環境配慮型のフェアトレードの可能性

Presentation

市民の温暖化に対する意識改革の可能性―自治体の環境教育の取り組みを例にー

Presentation

低炭素社会の構築と環境教育―低炭素社会構築に向けた環境教育の果たす役割―

第7回日本LCA学会研究発表会
No Projects Found.