Kiyoto TANABE

Results 1 to 10 of 21 (Sorted by date)
Commissioned Report
本業務では、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が有する衛星技術・製品・知見の第1回グローバル・ストックテイク等の国際環境政策への活用促進に向けた調査や支援を実施することを目的とし、(1)グローバル・ストックテイクに関わる支援、(2)ALOS 事例調査と実用可能性調査、(3)グローバル・メタン・プレッジへの貢献に向けたGOSAT データ活用促進支援に関する3 つの業務を実施した。
Commissioned Report
本業務では、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)が有する衛星技術・製品・知見の 第1回グローバル・ストックテイク等の国際環境政策への活用促進に向けた調査や支援を実施すること を目的とし、(1)グローバル・ストックテイクに関わる支援、(2)衛星データ活用に向けたニーズマッピン グと事例調査、(3)温室効果ガス観測戦略支援に関する3 つの業務を実施した。
Presentation
GCPウェビナー:観測とシミュレーションで読み解く「温室効果ガス収支」 ー"最良の科学"に向けてー
本プレゼンテーションは、第1回グローバル・ストックテイク(GST)における“最良の科学”の在り方について議論を深めるため、以下の点について話題提供を行う。 第1回グローバル・ストックテイク(GST)も終盤を迎え、その成果は2023年11月のCOP28の目玉となる。 “最良の科学”に基づくGSTは、幅広い情報のインプットを受け入れているものの、成果取りまとめまでのプロセスはより透明性を向上すべきである。 COP28でまとまるGSTの成果は、各国の文脈できちんとその意味が理解されなければならない。科学者には、この成果の伝達にも大きな役割があると考える。
Commissioned Report
本業務では、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下、JAXA)が有する衛星技術・製品・知見をパリ協定下で実施されるグローバルストックテイクにインプットすることを目的とし、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)事務局に5件のサブミッションを提出し、メディア向けのアウトリーチを実施した。サブミッションのテーマはグローバルストックテイク及び気候変動に係る国際議論を踏まえ、JAXAとの協議を通じて、科学的・技術的・政策的観点から最適なトピックを選出した。
Submission to Policy Process
Author:
Takeo
Tadono
Masato
Hayashi
Osamu
Ochiai
Mariko
Harada
Ko
Hamamoto
Takashi
Nishimura
Takahiro
Ikenoue
Mari
Miura
Hiroki
Miyazono
Hiroaki
Okonogi
Pedro Alberto Bignelli
Nara Vidal Pantoja
Daniel Moraes de Freitas
(Japanese title: 熱帯林違法伐採の検知(JJ-FAST)) This submission provides our input for the first Global Stocktake under the Paris Agreement. Our input focuses on a satellite-based deforestation monitoring system for tropical forests, “JICA-JAXA Forest Early Warning System in the Tropics (JJ-FAST)”. Summary of the submission: A satellite-based deforestation...
Submission to Policy Process
Author:
Hiroshi
Suto
Akihiko
Kuze
Osamu
Ochiai
Mariko
Harada
(Japanese title: GOSAT・都市レベル温室効果ガス排出量のトラッキング) This submission provides our input for the first Global Stocktake under the Paris Agreement. Our input focuses on tracking city-level emission changes by the JAXA/GOSAT GHG product. Summary of the submission: Cities are major sources of GHG emissions, consuming about 75% of the world ’ s energy and...
Submission to Policy Process
Author:
Osamu
Ochiai
Takeo
Tadono
Masato
Hayashi
Mariko
Harada
Ko
Hamamoto
Ake Rosenqvist
Pete Bunting
Richard Lucas
Lammert Hilarides
Beatriz Machado Granziera
(Japanese title: 世界のマングローブ林面積・変化(GMW)) This submission provides our input for the first Global Stocktake under the Paris Agreement. Our input focuses on a satellite-based map of global mangrove extent and changes: Global Mangrove Watch (GMW). Summary of the submission: Nature-based Solutions (NbS), including coastal and marine NbS, such as...
Submission to Policy Process
Author:
Hiroshi
Suto
Akihiko
Kuze
Osamu
Ochiai
Mariko
Harada
Ayako
Matsumoto
(Japanese title: 日本の一般旅客機を活用したリアルタイムでの温室効果ガス排出量の観測) This submission provides our input for the first Global Stocktake under the Paris Agreement. Our input focuses on real-time anthropogenic emission observations from Japanese passenger aircrafts in support of the monitoring of the climate mitigation progress. Summary of the submission: Real-time...
Results 1 to 1 of 1 (Sorted by date)
Project
Updated: October 2019

IPCC 48 - Special Report on Global Warming of 1.5°C

This is a special page containing information relevant to the 48th Session of the Intergovernmental Panel on Climate Change (IPCC), held in Incheon, Korea on 1-6 October 2018 and the its special report on Global Warming of 1.5°C.