Kaoru AKAHOSHI

Results 1 to 10 of 48 (Sorted by date)
Translation of non-IGES Material
Translator:
森林宣言評価は、森林に関するニューヨーク宣言(2014)や森林と土地利用に関するグラスゴー首脳宣言(2021)などの国際宣言で定められた世界目標への進捗を評価する市民社会主導の独立した取り組みである。転換と劣化の脅威にさらされている生態系に対して、地球規模の気候と生物多様性の目標を達成するため、2022年の本レポートは、森林生態系に焦点を当てている。本レポートは、森林の包括的目標、持続可能な生産と開発、森林資金および森林ガバナンスの4章で構成されており、森林の世界目標を達成するための効果的な知見を提供する。「我々は順調に2030年に森林の世界目標を達成できるか?」 本翻訳はForest Decalration Assessment Partners 「Forest Declaration...
Presentation
This presentation set the scene for a 90 minute webinar that consisted mostly of discussion and Q&A. The presentation was an overview of the Kunming-Montreal Global Biodiversity Framework (GBF). It also included some explanation about the Convention in Biological Diversity (CBD), which adopted the GBF; the meetings of the Conference of the Parties...
Commissioned Report
This report is about the project with a purpose to promote cooperation on Co-benefits-type air pollution measures mainly in Asia. IGES provided advice to MOEJ on the activities of international organisations; supporting international SLCP mitigation activities such as the Climate and Clean Air Coalition to Reduce Short Lived Climate Pollutants...
Non Peer-reviewed Article
In Asia Pacific Tech Monitor
Author:
Nutthajit
Onmek
Supat
Wangwongwatana
In many developing countries, people rely on inefficient stoves fuelled by bio-mass, coal and manure for cooking. The fine particulates (PM2.5) emitted from these stoves not only harm human health, but they also disrupt climate systems. Un-fortunately, economic, technological, social and institutional barriers have often slowed the widespread...
Commissioned Report
This report is about the project with a purpose to promote cooperation on Co-benefits-type air pollution measures mainly in Asia. IGES provided advice to MOEJ on the activities of international organisations; supporting international SLCP mitigation activities such as the Climate and Clean Air Coalition to Reduce Short Lived Climate Pollutants...
Keywords:
Commissioned Report
「持続可能なフードシステムの構築のための食料バリューチェーンにおける環境負荷等の見える化に関する研究開発業務」では、食料バリューチェーンにおける環境負荷等の見える化プロジェクト活動を推進するために、日本において輸入を通じた環境負荷の程度が大きいコモディティを対象に、食料のバリューチェーンの構造を分析した。また、環境・社会・経済の3つの側面から、バリューチェーンの現況を調査し課題を把握する。加えて、把握した課題に対する改善策や解決策を生産者や輸出入業者等を含むステークホルダーとともに検討を行い、持続可能なフードシステムの構築に資する知見を提供することを本研究開発の目的とした。本報告書では、インドネシアにおけるパーム油生産とベトナムにおけるコーヒー生産について実施した、研究開発の実施項目 ① ~...
Briefing Note
COP26 に向け、多くの国がカーボンニュートラルやネットゼロ、またはそれに近い野心的な目標を掲げた。これまで目標の多くは、二酸化炭素削減(CO 2 )に焦点が当てられてきた。将来世代が温暖化による最悪の事態を避けるため、長期的にCO 2 の大幅削減を目指すのは当然である。一方で、CO 2 削減より迅速に気候変動を緩和できる可能性として、メタンなど短寿命気候汚染物質(SLCP)削減の重要性への認識も高まっている。 グローバルメタン誓約や、SLCP削減に取り組む国際パートナーシップ(CCAC)の新戦略等、今回のCOPに合わせ、米国やEUが旗振り役となり加速した国際社会のメタン排出削減の動きを紹介する。
No Projects Found.