Results 1 - 10 of 21 (Sorted by date)
Non Peer-reviewed Article
In 木材情報

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方...

Policy Report

This report summarizes the current situations and challenges that developing Asia faces in introducing Extended Producer Responsibility (EPR). It also discusses various problems experienced by Japan, Korea and Taiwan after the introduction of EPR mechanisms prior to other Asian countries. It then explores issues related to international resource...

Report Chapter

Introduction (Chapter 1)

In Extended Producer Responsibility Policy in East Asia - in Consideration of International Resource Circulation -
Report Chapter

The Emerging Need for Sharing Environmental Product Information and Reconsidering the Producers' Informative Responsibility

In Extended Producer Responsibility Policy in East Asia - in Consideration of International Resource Circulation -
Discussion Paper

This paper examines the process to lead the adoption of the EU directive on establishing a scheme for greenhouse gas emission allowance trading within the Community, in order to identify the reasons for Germany to agree on the adoption, despite of the expected friction caused by the shift from its existing national measures, especially voluntary...

Discussion Paper
APEIS/RISPO Strategic Policy Options (SPOs) Database

"Compact city" in this policy option refers to land planning focusing on higher density and better accessibility which reduces automobile dependency. "Smart growth" is a general term for land use practices that create more accessible land use patterns which reduce the amount of travel needed to reach goods and services (Litman, 2003a). Experiences...

Policy Report

EU排出枠取引指令の内容、排出枠取引指令が確定するまでの過程を検証する。そしてこの過程から、ドイツと英国が他国に先駆けて気候政策を展開してきたが故にEU全域における排出枠取引制度の導入によって国内政策との調整を要することを懸念し、排出枠取引策定過程に介入を試みたことを浮き彫りにする。その上で、両国が、その意見が完全に反映されたわけではないにもかかわらず、なぜ最終的に指令に合意したのか、その要因を導き出すことを試みる。

Presentation
オンラインセミナー:クリーンウッド法は世界の動きをどう取り入れるか? 違法伐採から森林減少防止へ ~施行5年後見直しを機に考える~

ドイツとオーストラリアは、違法に伐採された木材の輸入を規制する法律を施行している。その規制において、事業者はどのようなデューデリジェンスの実施が求められているのか、また政府はその法律をどのように運用しているのかについて紹介した。ドイツは事業者のデューデリジェンスの結果に対して厳格な検査を実施することによって、オーストラリアは事業者のデューデリジェンスの理解を促進することによって、違法に伐採された木材の流通を回避しようとしていた。日本のクリーンウッド法の運用においても、法律の目的である違法伐採木材の流通を防止するために効果的な法運用を行う必要がある。

Commissioned Report

本調査では、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、フィンランド及びフランスの 5 カ国を対象に、各国の持続可能な開発目標(SDGs)の①実施体制、②進捗状況の評価方法、③その 他独自の取組を調べた。これらの国は持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)とベルテルスマン財団が発表している SDG 指数等、SDGs の進捗状況に関する世界ランキ ングで常に上位につけている。これらの国の実施体制や進捗状況の評価方法等を理解する ことは、日本を含む他の国々における SDGs の実施を強化するのに有益と考えられる。 調査は、机上調査と聞き取り調査を組み合わせる手法をとった。机上調査では、各国の自発 的国家レビュー(VNR)、SDGs 行動計画、その他の関連文書を精査した。さらに、5...