ドイツとオーストラリアにおける政府の違法伐採対策法の運用

In 木材情報
Volume (Issue): 2021年6月号
Non Peer-reviewed Article

近年、木材輸入国において、違法伐採対策が法制度化され実施されている。違法伐採対策法の導入の目的は、その国における違法伐採木材製品の輸入、流通を減少させることである。法律の導入からその目的が達成されるまでには、規制対象である木材輸入事業者 が①自身の行うビジネスが法律の対象であることを認識し、②法律の要求を理解し、③法律を遵守することで、最終的に、④輸入先の変更などの行動変化を起こすというプロセス がある。そして、この目的を達成するためには、政府の法律の執行や運用が重要である。本稿では、ドイツとオーストラリアにおける、政府による違法伐採対策法の運用 状況を報告する。ドイツは、規制対象事業者の検査に重点を置き、EU諸国のうち最も積極的で厳しい法の運用を行っている。一方、オーストラリア政府は規制対象者の法律の理解促進を重視している。この2ヶ国を比較しながら、政府による効果的な違法伐採対策法の運用について検討したい。

Date: