COP26を巡る気候変動適応の国際動向

Briefing Note

 2020年以降の気候変動対策を定めたパリ協定において 、適応は緩和に並ぶ気候変動対策の柱として位置づけられている。2021年11月に開催される国連気候変動枠組条約第26回締約国会議(COP26)の議長国である英国は、適応分野への取組を重要課題として位置づけ、COP26を通じた適応の国際モメンタムをけん引している。本稿では、COP26における適応関連の議論のポイントを整理するとともに、英国政府が主導で推進する4つの適応に関連する国際イニシアティブについて解説し、国際的な適応の動きについて包括的な情報の整理を試みる。

Climate change adaptation is positioned as a pillar of the Paris Agreement along with mitigation. In November 2021, COP26 will be held in Glasgow, the UK. The UK government as the COP26 Presidency has positioned efforts in the field of adaptation as one of the key areas, and has been leading the international momentum for adaptation and resilience. This briefing note summarizes the main points of discussion on adaptation at COP26 and explains four international initiatives related to adaptation led by the UK.

Date: