G20大阪ブルー・オーシャン・ビジョンの下で2050年までに海洋プラスチックごみの新たな流入を止める政策オプション

Translation of non-IGES Material

国際資源パネル(IRP)「Policy Options to Eliminate Additional Marine Plastic Litter by 2050 under the G20 Osaka Blue Ocean Vision」の日本語翻訳版(暫定非公式訳)。本シンクピース(解説文書)は、G20からの委託により、大阪ブルー・オーシャン・ビジョンを実現するために可能な政策オプションの定性的検討を行ったものである。大阪ブルー・オーシャン・ビジョンは、G20諸国に対し、「包括的なライフサイクルアプローチを通じて、2050年までに海洋プラスチックごみによる追加的な汚染をゼロにする」ことを自主的にコミットさせ、それによって2050年までに海洋に流入するプラスチックの正味量をゼロにすることを確保しようとするものである。「Breaking the Plastic Wave」(The Pew Charitable Trusts and SYSTEMIQ 2020)で公開されたシナリオモデル分析を通じて海洋プラスチックごみの2050年に関する動向を示すとともに、現在のプラスチック政策の状況を概観し、大阪ブルー・オーシャン・ビジョンの実現に向けた上流ならびに下流での政策介入を検討している。一連の分析に基づき、大阪ブルー・オーシャン・ビジョンの実現と、プラスチック経済に求められる体系的な変化への移行に向けた政策メッセージをまとめている。

Author:
International Resource Panel
Date: