生物多様性と気候変動に関するIPBES-IPCC合同ワークショップ報告書の概要

科学者も政策決定者もこれまで別々の課題として対応してきた生物多様性と気候変動の課題への統合的な取組を強化すべく、2020年12月に生物多様性と気候変動に関するIPBESとIPCCの合同ワークショップが開催されました。このワークショップからのキーメッセージを含むワークショップ報告書、ならびにその科学的根拠を整理した科学的成果(Scientific Outcomes)が2021年6月に発表されました。この資料は、日本の一般読者向けにワークショップ報告書の内容をスライド1枚で短く解説しています。

Scientists and policymakers have been tackling biodiversity loss and climate change, the two most pressing global issues in our time, separately. To inform integrated actions against biodiversity loss and climate change, IPBES-IPCC Co-Sponsored Workshop on Biodiversity and Climate Change was held online in December 2020. With the Japanese general audience in mind, this one-pager slide summarises the key messages from the Workshop Report published in June 2021.

Date: