持続可能な消費と生産(SCP)に関する国際政策動向

In 日本LCA学会誌
Volume (Issue): 15(2)
Peer-reviewed Article

本解説では、持続可能な消費と生産(SCP)が、持続可能な開発目標(SDGs)時代の国際政策動向の中でどのように位置づけることができるかを論じる。特に、SDGs時代の政策目標は、環境汚染対策や製品・サービスレベルでの効率性の改善に限定されるものではなく、科学技術イノベーションと新たな社会モデル・ビジネスモデルの連携を目指すものであり、経済政策や社会政策の中に取り入れられてはじめて実現可能である。持続可能な消費と生産に代表されるSDGs時代に必要とされる政策アプローチは、社会技術システムの改革を目指すものである。そのため、脱炭素化、循環経済、地球1個分の暮らしといった中長期目標を前提にした自律分散協調型ガバナンスが重要となることを論じる。

This paper shows how Sustainable Consumption and Production(SCP)can be positioned in the context of international policy trends in the era of Sustainable Development Goals(SDGs). Especially, policy goals in the era of SDGs are not limited to environmental pollution prevention nor efficiency improvement of individual products and services but aiming at collaboration between socio-technological innovation and social and business model development. It can be achievable through integration into social and economic policies. We discuss that policy approaches in the era of SDGs, aiming at socio-technological system innovation, signify the collaborative approach among autonomous decentralized initiatives by setting middle and long-term goals such as decarbonization, circular economy, or one planet living.

Author:
Norichika
Kanie
Date: