RE100 年次報告書

Translation of non-IGES Material

The Climate Group(温室効果ガス排出量削減に取り組む国際NPO)がCDP(環境情報公開を推進する国際NGO)の支援の下、過去1年間のRE100(事業運営を100%再生可能エネルギーで調達することを目標に掲げる企業が加盟するイニシアチブ)参加企業の進捗やアンケートを集計し、その分析結果から得られた示唆や、先進的取組事例等をまとめた年次報告書(2019年版)である。

特に注目される動向としては、PPAs(電力販売契約)の件数が記録を更新すると共に、回答企業の65%が2020年末までに再エネ普及に直接的な影響力のある調達方法(PPA、オンサイト発電等)を検討しており、今後もこの傾向がさらに強まることが予測されている点である。また、新たな参加企業56社のうち、44%がアジア太平洋地域の企業であり、これら地域の企業も今後同様に、PPAやオンサイト発電など再エネ普及に直接的な影響力のある調達方法を指向していくか動向が注目される。

他の注目点としては、44%の回答企業がサプライヤーに働きかけを始めている点、2社に1社は経費削減を達成している点、87%の回答企業が「顧客の期待」および「株主の要望」をRE100参加理由としている点などがあげられる。

Author:
Constant
Alarcon
Marie
Reynolds
Date: