Prof.
Kazuo MATSUSHITA

Results 1 to 10 of 10 (Sorted by date)
Presentation
国際アジア共同体学会(ISAC)

2020年11月7日に国際アジア共同体学会(ISAC)が開催されました。本会合で発表された「ネットゼロへの世界の潮流と日本の課題:緑の復興から脱炭素社会へ」の発表資料です。

Commentary (Op. Ed)
聖教新聞

本記事では、新型コロナウイルス(COVID-19)からの「グリーン・リカバリー(緑の復興)」について、欧州連合の取り組み(欧州グリーンディール)を紹介し、日本での緑の復興の可能性や課題について述べている。

本記事は、聖教新聞に2020年9月30日に掲載された。

Presentation

気候変動問題と新型コロナウイルス
その共通点と相違点、そして日本版グリーンディールを

  • 新型コロナウイルスと気候変動問題:人類の生存に関わり、国際社会が協調して取り組むべき重要問題
  • 経済のグローバリゼーション(利潤極大を求めるヒト・モノ・金・情報移動の世界化と自由化)に深く関連
  • 2002年SARS、2012年MERSに続き、20年間で3度目の新型コロナウイルスの出現は異常な頻度。気候変動や無秩序な開発による生態系変化、ヒトと野生動物の距離の変化が要因の可能性(山本太郎長崎大学教授、2020年4月15日付朝日新聞)

→ いずれの問題にも高い危機意識と実効性のある措置が必要

Book Chapter
In Managing Socio-ecological Production Landscapes and Seascapes for Sustainable Communities in Asia

This chapter contributes to improve an understanding of the effectiveness of different biodiversity science-policy interfaces (SPIs), which play a vital role in navigating policies and actions with sound evidence base. The single comprehensive study that was found to exist, assessed SPIs in terms of their ‘features’—goals, structure, process...

Policy Report
IGES Policy Report

将来のCO2排出量は、経済規模、産業構造といった「社会的前提要素」 と、気候変動政策の対象となるエネルギー効率、エネルギーの供給構成などの「対策対象要素」によって左右される(図a参照)。本稿は、日本の国別緩和目標(NDC 1)に記載される2030年GHG削減目標(以下、NDC目標)におけるエネルギー起源CO2排出量(以下、CO2排出量)に着目し、社会的前提要素(実質GDP)及び対策対象要素(実質GDP当たりの最終エネルギー消費量、最終エネルギー消費当たりのCO2排出量)がどのような水準であるのか考察 することを目的に、各要素について、既往の統計や研究等による推定結果と比較した。さらに、個々の要素の変化に対しCO2排出量がどのように変化するか、定量分析(感度分析)及びLMDI法...

Presentation
9th Ecosystem Services Partnership, World Conference

>Towards effective interdisciplinary SPIs
- More dynamic, iterative and collaborative interactions with practitioners, knowledge holders (including ILK) and policymakers
- Consolidating interdisciplinary study that recognises the interconnectedness of social and ecological system
- Joint formation of research and policy
- Building capacity and...

Presentation
The 9th Ecosystem services Partnership, World Conference

>Towards effective interdisciplinary SPIs
- More dynamic, iterative and collaborative interactions with practitioners, knowledge holders (including ILK) and policymakers
- Consolidating interdisciplinary study that recognises the interconnectedness of social and ecological system
- Joint formation of research and policy
- Building capacity and...

Non Peer-reviewed Article
In 農村計画学会誌

生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)では、生物多様性と生態系サービスの評価や将来予測などを通じて、科学的な知見の政策活用を強化するための取組が進められている。とりわけ農業開発や都市化を含む社会経済の発展が著しく、これに伴って生物多様性や生態系の劣化が急速に進むアジア地域では、人間と自然が相互に作用し合う社会・生態システムの統合的な分析や将来予測・評価などの科学的根拠、ならびに科学的根拠を政策に有効活用するしくみを強化していくことが求められている。近年の研究では、科学と政策との接点が科学・政策インターフェイス(SPI)と総称されているが、本稿ではまず、欧州での先行研究に基づいてSPIの定義や捉え方、SPIが効果的に機能するための要件等について整理する...

Peer-reviewed Article
In International Review for Environmental Strategies (IRES) Volume 2 Number 1 (Summer 2001)

Since its establishment in 1998, the Institute for Global Environmental Strategies (IGES) has taken various opportunities to put forward its strategic research outcomes to a number of international policy dialogues on development and the environment. Among such efforts, IGES put forward policy recommendations at the Ministerial Conference on...

Research Report

Economic growth after World War II was made possible through dramatic increases in the use of material resources and energy. It is apparent that current development patterns followed by industrialized countries are causing serious environmental problems and that they are neither ecologically nor socially sustainable.
In recent years, many Asian...

No Projects Found.