循環経済パートナーシップ(J4CE)、循環経済に関する日本企業の最新事例を公開

Press Release

本日、環境省、経済産業省ならびに一般社団法人日本経済団体連合会(経団連)により設立された循環経済パートナーシップ(英語名称:Japan Partnership for Circular Economy、略称:J4CE、読み方:ジェイフォース、以下J4CE)は、日本企業および業界団体による循環経済の取り組み事例などを紹介するウェブサイトおよび、取り組み事例の中から有識者委員会が選定した注目事例をまとめたパンフレットを公開しました。公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)は本パートナーシップの事務局を務めており、循環経済に関する国内外の情報提供のほか、このウェブサイトの開発および運用、パンフレットの編集などを行うとともに、今後実施予定の官民対話の企画などにも貢献していきます。

J4CEは、2021年3月2日に、世界的な循環経済への転換の加速を背景に、日本において国内企業を含めた幅広い主体がより深く循環経済を理解した上で実践につなげられるよう、官民連携を強化することを目的に創設されました。創設から2カ月弱で100 を超える企業や業界団体が参加し、本日時点で、110社および13団体から、約130 件の取り組み事例が寄せられています。これらはすべて本日公開されたウェブサイトに掲載されており、以下のような情報での絞り込みが可能です。

  • 3R(リデュース・リユース・リサイクル)のいずれに該当するか
  • 設計から廃棄まで製品ライフサイクルのどの段階に該当するか
  • 対象となる素材および製品
  • 外部とのコラボレーションの有無
  • 実用段階か否か

本ウェブサイトを通じて、日本の企業の優れた技術、アイディア、企業間連携などの取り組みが循環経済を促進していることを国内外に広く発信し、循環経済の輪を大きく広げることによって、循環型社会の早期実現および、経済活性化の起点となることを、IGESとしても目指しています。

なお、J4CEでは参加企業・団体および取り組み事例を引き続き募集しています。詳細は、ウェブサイトの案内をご覧ください。

 

関連リンク


循環経済パートナーシップ(J4CE)ウェブサイト

2021年度版 循環経済パートナーシップ 日本企業による循環経済への注目事例集