サステイナビリティ研究が拓く持続可能な未来 ~科学と社会の連携でSDGs達成を目指す~

持続可能な開発目標(SDGs)とは、人類が地球で平和かつ豊かに存続するために達成すべき17の目標で、2016年1月に正式に発効しました。これらの目標は、全ての国々に普遍的に適応されます。

SDGsの達成には、さまざまな利害関係者が、国際的、地域的なレベルで協力を行っていくことが求められ、そのステークホルダーには研究者から政策立案関係者まで幅広く含まれます。

ステークホルダーが広範にわたることには理由があります。SDGs達成に立ちはだかる問題は、特定の国や分野だけでは解決できないさまざまな要素が複雑に絡み合ったものであるため、解決には、科学的な分析と、研究分野を越えた学際的な研究、そして社会全体の協力が必要なのです。

本イベントではオピニオンリーダーが一堂に会し、SDGsの推進と達成に求められる最も効率のよいやり方や知識とは何かについて議論されます。この議論では、地球規模のみならず地域規模でも問題を掘り下げていきます。サステイナビリティ研究の全体像について更に理解が深まり、参加者の皆さまと、SDGs推進のために科学と社会がどのように連携できるかについて、活発な対話が繰り広げられることを期待しています。

パネルディスカッション終了後には、登壇者の方とのカジュアルな懇親会もご用意しています。ぜひ奮ってご参加お申込みください。

本イベントは、Springer Nature が2017年に立ち上げたGrand Challenges Programme の一環として開催されます。

日 時

2018年9月20日(木)17:00~20:45(懇親会 20:05~20:45) 受付開始 16:30~

場 所 国連大学 エリザベス・ローズ国際会議場
東京都渋谷区神宮前5-53-70 »アクセス
主 催 Grand Challenges Programme, Springer Nature
Nature Sustainability, Sustainability Science, (ORG journal)
共 催 国連大学 サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)
後 援 地球環境戦略研究機関(IGES)
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S)
参加申し込み 参加申し込みフォーム
申込み締切 2018年9月12日(水)
応募者多数の場合は抽選となります。抽選結果並びにご招待状(メール)は参加申し込みフォームにご登録のメールアドレスに配信いたします。
イベント詳細 Springer Nature
プログラム

17:00〜17:08 開会
竹本 和彦
国連大学サステイナビリティ高等研究所 所長
17:08〜18:50 第一部 Nature Sustainability について、基調講演・パネルディスカッション
Aiora Zabala
Nature Sustainability アソシエイト・エディター

基調講演
武内 和彦
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S) 機構長・特任教授
公益財団法人地球環境戦略研究機関 (IGES) 理事長

高村 ゆかり
名古屋大学 大学院環境学研究科 教授

ザスマン・ エリック
公益財団法人地球環境戦略研究機関 (IGES) 持続可能性ガバナンスセンター リサーチリーダー

モデレーター:
Aiora Zabala
Nature Sustainability アソシエイト・エディター

18:50〜19:00

休憩

19:00〜20:00

第二部 パネルディスカッション
齋藤 修
国連大学 サステイナビリティ高等研究所(UNU-IAS)アカデミックディレクター

米原 あき
東洋大学 社会学部社会学科 教授

泉谷 満寿裕
石川県珠洲市 市長

モデレーター:
武内 和彦
東京大学サステイナビリティ学連携研究機構 (IR3S) 機構長・特任教授
公益財団法人地球環境戦略研究機関 (IGES) 理事長

20:00〜20:05 閉会
20:05〜20:45 懇親会

ページの先頭へ戻る